僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010/5/21 APOGEE「~perigeepoint vol.2~」@渋谷LUSH
2010-05-22 Sat 01:06
1ヶ月ぶりのライブ。オフィスを早く出たので今日は余裕。
それにしても今日は暑かった・・・電車の中も暑ければ、渋谷の町も暑かった。
スーツの上着を着たまま行こうと思ってたけど暑過ぎ。ハチ公口で上着を脱いでコインロッカーに荷物とまとめて突っ込みLUSHへ向かった。
着いたらこれがアウェイ感満点。サラリーマン風の客など僕だけでほとんど女子、しかもみんな若い。仕事に疲れて日々老いていく我が身とつい比べてしまうよ。
LUSHは雑居ビルの地下で、とてもこんなところにライブハウスがあるとは思えないような変わった場所だった。
整理番号A30番までが階段待機、次が僕、という整列順で入場。(これで僕が特定されるなあ)。フロアの形はTAKE OFF 7とよく似た縦長形で、1列10人ほどの幅。上手側最前3列目あたりに場所を確保して開演。歓声に両手を挙げて応える永野くん、最前付近の客といきなりハイタッチ。もちろん僕もハイタッチに参加(笑)。こういう展開、小さいハコならではだね。

今日はPAトラブルが多く、1曲目は永野くんのギターの音が全然出ないハプニング。永野くんが自分のギターをしきりに指してPAさんに合図。暫くしたら音が出てきたけどやっぱり音量が小さい。これは結局最後まで同じ調子だった。しかもしかも、ボーカルマイクの調子が変というかマイクPAが明らかにおかしかった。永野くんがちょっと強く声を出すといちいち高音の「ミヨヨ~ン」という感じのハウリングがキーンと響いてきて参った。「ミヨヨ~ン!」が来るたびにくらっとめまいがするんだもん。さらに舞台下手側、内垣くんの後ろのキーボードのところのボーカルマイクは全然音出てなかったし・・・ちゃんとリハはやったんだろうし、それでもこんなになっちゃうんだとすると、PAとはつくづく難しいものなんだろうね。

肝心の演奏のほうは前回TAKE OFF 7と同じ新曲(「BTTB(仮)」)からスタートして「P.A.P.E.R.W.O.R.K.」「グッド・バイ」「グレイマン」と続くが、なんと「グッドバイ」の終盤で間野くんがドラムスティックを飛ばしてしまう。すばやくスペアのスティックを掴んで何事もなかったように演奏続行。さすが。ちなみにもう1本あったスペアスティックはその後床に落ちてしまい、まさに背水の陣のドラミング(笑)。
グレイマンでは永野くんがギターを置いて熱唱。いつもなら永野くんがハンドクラップを要求しても全然拡がらないのに、今日は珍しくフロア全体で鳴り渡った。暑さのせいか??
それにしてもほんとに暑いライブ。真夏のハコを思わせる感じで空調が全然効かない。「暑い暑い、フェス並みだよ」「タオルくれタオルくれ」と騒ぐ永野くん、汗だくでも上着を着てる内垣くん、暑くても全然汗かいてない大城くんのコントラストが面白かった。そして久しぶりの「Rain Rain Rain」!いいねえ。

そしてここからが新曲ラッシュ。前回のTAKEOFF7で披露された新曲に加えて、本日初演の楽曲もいくつか。特に6曲目はシンセのリフがちょっとDE DE MOUSEを思わせる感じで個人的に好み。7曲目はTAKEOFF7の5曲目にやった、ちょっとマイケルのRock With Youあたりを彷彿とさせる例の曲で、実にいい。そして8曲目「A Boy In The River」・・・♪A Boy In The River まだ夏は終わらない♪・・・サビ歌詞覚えた。
9曲目はこれも初披露のインストナンバーで、ベースでガッツリ聴かせる感じが大変カッコいい。10曲目も新曲、これは前回やったやつ。ほんとにセンス良過ぎるなあ。そして11曲目のチンゲンサイは永野くん歌唱がヴォコーダー!歌詞を聞き取ってやろうと思っていたのに聞き取れる余地なし。
MCをはさんで次はなんとプリンスのカバー。70年代後半から80年代前半にかけての洋楽はメロディといい展開といいものすごく水準が高いなあとつくづく思う。たぶんこのあたりの楽曲がAPOGEEの源流、原点なんだろうなあ。

本編ラスト3曲は「Route Another」「アヒル」「夜間飛行」と定番曲でたたみ掛ける展開。欲を言えば「GIRAFFE」と「ゴースト・ソング」を・・・って欲張り過ぎか。
アンコールはまず新曲、そして大トリに「絵描きの絵空事」で終演。「絵描き」も完全に定番曲になったなあ。今日は暑さのせいかも知れないけど、終演21:30と、前回よりさらに短いライブで、アンコールもずいぶんサラッと終わった感じがあった。まあ1時間半だもんなあ。

という、最初は老いを感じつつも、最後にはそんなことも忘れてしまった、そんな初夏の宵でした。 


~セットリスト~

1. BTTB(仮題)(新曲)
2. P.A.P.E.R.W.O.R.K.
3. グッド・バイ
4. グレイマン
5. Rain Rain Rain
6. 新曲(初披露)
7. 新曲(TAKEOFF7の5曲目)
8. A Boy In The River(新曲)
9. 新曲(インスト曲)(これも初)
10. 新曲(インスト曲)(TAKEOFF7の8曲目)
11. 新曲(チンゲンサイって聴こえるやつ)
12. POP LIFE(Princeのカバー)
13. Route Another
14. アヒル
15. 夜間飛行

En1. 新曲(TAKEOFF7の7曲目)
En2. 絵描きの絵空事



スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。