僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011/3/5 ペトロールズ@六本木superdeluxe
2011-03-07 Mon 01:29
約1か月ぶりのペトロールズライブ、この日を待ちわびました!

横浜の自宅を17時少し前に出て、予定より1本早い電車に乗れて、六本木の駅に着いたら17:50過ぎ。ちょっと早く着き過ぎた!でも辺りで時間を潰すには中途半端だし、もう行っちゃおう!ということでスーデラへ。着いてみたら18時過ぎ、まだ誰も来ていない。フロアに入る扉は閉じられていて、受付にも誰もいない。僕の整理番号は13番と良番だったので、もうそのままそこで開場を待つことにした。

すると中からリハの音が聞こえてくる。「フラップ」と「ホロウェイ」!しかもなんとアコースティックセット!これが先日2/27の下北沢GARAGEでのイベントでやったという「low cut mood」だ!と思ってリハで一人アガる(笑)。スパニッシュアレンジの「ホロウェイ」の最後の部分の「オーレ!」っていうところもきっちり練習してました(笑)。

しばらくすると、僕の分と一緒にチケットをお取りしたマイミクのさとさんもいらして初対面。ご挨拶を交え雑談。僕は自分のマイミクさんとは従来誰一人として実際の面識がなかったが、最近そうしたバーチャルな関係がリアルに変わる機会がちらほら生まれてきて、なんだか嬉しいものです。さらには今度下北沢GARAGEの対バンライブに出るストロボスコープのギターボーカル順くんのお母さまが見えて、さとさんにご紹介頂いたりと意外な展開も。

開場して中に入るとさすがに整番13番だけあって、位置取りはほぼどこでもOK。さとさんと一緒に最前2列目のセンターやや下手寄りを確保。そうしていると後ろから僕の腕をバシッとはたかれて、誰かなと思ったらマイミクの千鶴さん。この方がボブの髪を切らせろって粘着してた方です。こんな素敵な美容師さんなんだから、ボブも素直にお任せしちゃえばいいのにね。しかもタダなのに(笑)。

千鶴さんが僕の分までドリンクを取ってきてくれた。速やかに呷って、速やかに空グラスを返却し、3人であれこれと話しながら開演を待った。ステージ上はいつものセッティング、下手がボブのドラムセット、センターにジャンボのベースが2本、うち1本はフレットレスのアコースティックベース。上手には長岡君のいつものギブソン・モダーンと、先日長岡君が手に入れたペイズリー柄のギター、それからコロンと四角っぽい形が可愛いダンエレクトロの3本が置かれている。約15分押しの19:45、下手後方隅の楽屋口が開いてメンバーが登場、拍手に迎えられてステージへ。

しっとりした長いインストナンバーのイントロからライブスタート、そのまま「闖入者」へ。引き締まった演奏が良い感じ!さらに続けて「アンバー」、さらにはライブで聴くのはいつ振りだろうというぐらい最近聴いてない「夜中の数学」。「MUSIC FOUND BY HDR-HC3」に収録されているバージョンとはアレンジ違いだけどこちらの方がいいなあ。さらに続けて「昼と夜」「誰」「カーテン」。この日はMCの量はいつものライブより抑え目で、曲と曲の間を切らずにそのまま連続して演奏する展開が多用されていて、ストイックで引き締まった感じが良かった。

「こんばんは、どうもお世話になっております。ペトロールズと申します」との長岡君のMC。長岡君がボブを名指しで「河村俊秀と申します」と紹介するたびに大きな歓声と拍手。「名前を言って拍手されることなんか普段ないからさ、やっぱ恥ずかしいよね」といいつつボブも気持ちよさそう。調子にのって「僕河村俊秀と申します」とか挨拶し始めたりしていた(笑)。

そのあと、ボブがMCで、なぜ自分で自分の髪を切っているか、という話が始まった。それまで床屋しか行ったことのないボブが20歳ぐらいのときに美容室デビュー。それまで床屋に行くと必ずリーゼントにされちゃってたそうな(笑)。美容室に行くとカッコよくしてくれると聞いたボブ、美容室で「ブラッド・ピットにしてください」って無理筋なことを言ったら、困っちゃった美容師さん、「そうですね、とりあえず切りますか!」といって切り始めたんだけど、ジェルをつけてもブラッド・ピットみたいにツンツン立たないのに、「こうやって『遊び』をつけるといいんですよ」と美容師さんがボブの髪をひねり出したそう。その話のときにボブが一言「もう遊んでんだけど!」と言ったのが最高におかしかった。長岡君も「生まれながらにして遊んでんの!」って楽しそうに突っ込み。結局その美容師さん、どんどんジェルをつけて行ってひたすら捻ってたんだそう。それで、仕上がった髪をボブが友達に見せたら、友達曰く「お前『生まれたて』みたいな頭だな」(笑)!「生まれたてみたいな頭」って、的確過ぎセンスあり過ぎな指摘だなあ。それ以来美容室に行っていないそう。

「でもこないだ、切りたいっていう人いたよね」と長岡君。それって、2/19の7thFloorの対バンイベントでボブに絡んだ千鶴さんのことじゃん!僕の後ろで千鶴さんが小声で「あたし?あたし??」って嬉しそうにしている(笑)。ボブは「だから俺の心の傷を今話したわけ」と。この感じだと千鶴さんがボブの髪を切らせてもらえるのはだいぶ先のことになりそう(笑)。

MCが終わり、長岡君が「これアコギのつもりです」と言ってギターをダンエレクトロに持ち替え、ジャンボもアコースティックベースに持ち替えてスタートしたlow cut moodの1曲目はなんと「唯一無二」!ライブで一度聴いてみたかった。不意にこういう曲をやってくれると嬉しいなあ。「指」ときて「水族館」!毎回ライブでリクエストの声がかかるけど全然やらなかった曲だけど、今日はlow cut moodで登場!ジャジーな感じが最高。

と思ったら突然長岡君の「スペインからゲストがいらしてます」とのMC。それに反応したボブが「ボーラーレー!!ボーラーレー!!」と絶叫(笑)!そして始まった「ホロウェイ」はジプシーキングスばりのスパニッシュアレンジでめちゃくちゃカッコいい!やっぱリハじゃなくて生が最高。最後の「オーレィ!」もきっちり決まって、今日一番の盛り上がりだったかな。そして low cut moodのラストはカントリーっぽいアレンジの「フラップ」。やっぱり元歌がいいと、どんなアレンジにしても良さが引き立つなあ。

low cut moodが終わり再びMC。ボブがMCのネタ選びでモタついていたら、すかさず長岡くんが「じゃあ告知してくれる?」ということで告知MCに。まず4/3の大阪・鰻谷sunsui。それから長岡君が「4/27の『月見る豆思う』」です!」と告知。「豆思う」って、思いっきり姉妹店と混同してます。4/27は「晴れたら空に豆まいて」が正しい(笑)。水曜日だし行こうかなあ。対バンはSignals、もとBLANKEY JET CITYの照井利幸のバンドです。これは面白そう。今のところ決まっているライブはここまでみたい。物販はスティントTのリイシューと、CD(EVE2009、amber、Idol)、ピック。ホントに早くアルバム出ないのかなあ。

MCの後は「後半やろう!」ということでまず「鳥の巣」。ボブの歌唱力がいつの間にか上がっている(笑)。そのあと「バス」。これも久しぶり、スローでホントにいい曲だな。そして「ELF」。ジャンボの引き締まったベースも、長岡君のギターソロもカッコ良かった。
長岡君が「ペトロールズでございました またぜひお会いしたいです」と言って「インサイダー」へ。このところよくやっている、別アレンジのバージョンだったけど、長岡君の長いギターソロが圧巻!長岡君のギターを間近で見るともうなんか別次元の演奏で、思わず見とれてしまった。これで本編トリかと思いこんでいたら「雨」。まだ本編終わらない、やった!「雨」は長岡くんのギターとボーカルが良すぎてたまらない。これで本編終わりかと思ったらもう1曲「トンネル」。終盤にかけてパワフルに盛り上がって行くのが最高。

これで本編終了。アンコールの拍手に迎えられてメンバー再登場。ステージでジャンボと長岡君がステージ上のアンプ談義に花を咲かせているのにボブが妬ましそうにすねてたのが可愛かった。アンコール1曲目は最近のライブの定番曲になった「風穴」、そして大トリは「ASB」。「遊ぼう!」の連呼が楽しかった!

これでライブ終了。終演21:55、それにしても暑かった!シャツがところどころ濡れるぐらい汗をかいてしまった。ステージセンターに貼られたセトリを撮影して、1枚残っていたドリンクチケットをビールに換えて、しばらく千鶴さんと飲みながら雑談。ストロボスコープの順君のお母さまとももう一度ご挨拶したりして、そのまましばらくフロアに溜まってたら、ジャンボがフロアに登場。そのあとジャンボの奥さんと息子さんも登場!息子さん、たぶん3歳ぐらいで、めちゃくちゃ可愛かった!にっこにこして、お母さんの後をついてケラケラ笑いながらあっちこっち走り回ってた。ホント連れて帰りたくなったよ(笑)。
あと、ボブも出てきて、それを早速千鶴さんが捕まえて、次は絶対切らせろって念入りに絡んでた(笑)。長岡君は客10人ぐらいとフロアに車座に座り込んで歓談。はた目には村おこしの青年団的な風情(笑)。ビールを飲み干して、そろそろ行こうかなと思ったらまたさとさんがいて、彼女のツイッターのフォロワーさんの、もう一人のさとこさんを紹介してくれた。

いつもはライブ終演後はさっさと会場を後にするのに、この日は色んな方々とゆっくりと過ごせたし、色んな方との面識も思いがけず得て、すごく楽しかった!こういうのはホントに嬉しいなあ。ペトロールズのファンでいて良かったなあ、としみじみ思った夜でした。


《セットリスト》

 0. (イントロ)
 1. 闖入者
 2. アンバー
 3. 夜中の数学
 4. 昼と夜(ピーター)
 5. 誰
 6. カーテン
 7. 唯一無二
 8. 指
 9. 水族館
 10. ホロウェイ
 11. フラップ
 12. 鳥の巣
 13. バス
 14. ELF
 15. インサイダー
 16. 雨
 17. トンネル

 En1. 風穴
 En2. ASB


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2011/3/6 APOGEE/ar/Kuh @Shibuya Milkyway | ライブも仕事のうち。 | 2011/3/4 POLYISICS@SHIBUYA-AX>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。