僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010/11/5 POLYSICS@恵比寿LIQUIDROOM
2010-11-06 Sat 21:11
「We are Back!! POLYSICS!!!」と銘打たれた3人体制での新生POLYSICSのツアーは、この日のLIQUIDROOMがファイナル。ありとあらゆる先行をすべて逃し一般販売でも撃沈、すっかり諦めてましたがなんとヤフオクに定価即決で出品されてたチケットを見つけて即落札。10/1の下北沢CLUB Queに続いてのPOLYSICSライブ参加となりました。しかも風邪が治ったばかりの僕、体力が持つかなあと不安を抱えつつのライブだったがめちゃくちゃ楽しかった!

会社は定時退社日だったが色々あって退社が遅れ、恵比寿に着いたらすでに開演20分前。
しかも駅のコインロッカーが全然空いていない。頼みの綱の日比谷線恵比寿駅のコインロッカーも一杯。。。こっちのコインロッカーが埋まっちゃうことはほとんど無いのに今日はついてない。

ということで仕方なく完全に会社帰りの姿のまんまでLIQUIDROOMへ。当然コインロッカーなんて空いてるわけもなく、そのままフロアへ。
フロアへ入るともう人でいっぱい。本当はステージ前のフロアで盛り上がりたいところだがコートに上着に手荷物に・・・となってはそんなことも無理なので、PAブース後方のカウンター席の後ろ、ちょうどセンター部分に陣取って足元に荷物とコートと上着を置き開演を待った。この部分はフロアの高さから2段ぐらい段上がりになっていて、ステージまではやや遠いものの非常に良く見える好位置。先日のPerfume@東京ドームを観た直後でもあり、ものすごくステージを近く感じた。
ステージ下手の「We are Back!!!」の幕、上手の「POLYSICS」ロゴで期待が盛り上がる。
後からやってきて僕の左に来た男性は荷物からやおらノートを取り出して構えた。ライブ中も微動だにせず、時々ノートに何か書いていたから、きっとライブ中にセトリやレポを書き留めてたんだろう。そういうライブの楽しみ方もあるのね・・・。まあお節介か(笑)。

定刻の19:30より5分ほど遅れて客電が落ち、「Heavy POLYSICK」が流れた少しあとに上手からハヤシ登場、続いてフミ、ヤノが登場。スタートは「BUGGIE TECHNICA」でフロアが一気に沸く。ハヤシが「帰ってきたぜ恵比寿!帰ってきたぜLIQUIDROOM!」と叫ぶとさらに盛り上がりが加速!続けざまに、畳み掛けるように「シーラカンス イズ アンドロイド」、新曲の「Mach肝心」、「Tei!Tei!Tei!」、そしてさらにフミボーカルの新曲「How Are You?」まで一気に引っ張る。お約束の振りも健在で、特に最初の「BUGGIE TECHNICA」で後ろの位置から見た、「右手で自分の胸を2回チョップしてから斜め前に2回挙げる振り」(・・・言葉で書くとダサいなあ(笑))や「Tei!Tei!Tei!」での「テーイ!!」での一斉ジャンプ(・・・言葉で書くとダサいなあ(笑))はモノ凄い眺め!!カヨがいなくても観客側で勝手にビシッと揃ってて、まさに壮観の一言。

それにしても、ハヤシのギターもニューアンプのせいかいつもに増してキレキレだったし、フミもカッコいいし、ヤノのドラムも低音がズシズシ決まってて最高!LIQUIDROOMはやっぱり音いいなあと感動。特に「Mach肝心」「How Are You?」は両方ともすっごい良いじゃん!!CLUB Queで聴いたときには分からなかった。早く音源が欲しいなあ。

あと、この日はダイバー(いうかクラウドサーファー)続出の激しいライブで、1番バーから前のセンター部分に頻繁に出現してた。下手なダイバーが多いというか、ダイバーに頭を蹴られている人も一杯いた感じで、前の観客はかなり痛そう。フロアも終始モッシュ状態ですごい湿気!後ろで跳ねてただけの僕も相当汗かいたもんなあ。

「ヒサス!ヒサス! 新生POLYSICSでまたワンマン出来て嬉しいでーす!今日は思いっきりハミ出して行こうぜー!!」という感じのMCの後、「For Young Electric Pop」から新曲の「Boil」そして「Time Out」「Hot Stuff」「人生の灰」まで一気。もうまったく盛り上がりが途切れないし、楽しくて仕方ない!「人生の灰」ではハヤシが観客の投げたタオルを次々にツナギの胸に入れてオッパイを作って揉みまくる、という久々の展開(笑)!。直後のMCでフミに「何枚突っ込んでんの?!」と突っ込まれたのには笑った。

「いや~楽しいわーやっぱ東京最高だね、ホームって感じだよ。一人一杯ずつヱビスビールをおごりたい気持ちです」とハヤシが言うと、フミが例のヱビスビールのCM曲の「第三の男」をティリティリ歌い始めたりして。やっぱり楽しいわ~!

12/8リリースの新譜の告知の後、中盤はその中の新曲「Rock Wave Don’t Stop」から。次の「Too Much Tokyo」では間奏時に恒例のヤノのたどたどしいMC(ハヤシによると「インプロビゼーション」(笑))が入りフロア中脱力しながら盛り上がる(笑)。その次はまた新曲の「Don’t Cry」。これは初めて聴いた。下北沢ではやらなかったけど、これまでのツアーでは披露してたのかなあ?で「First Aid」「United」と最近のライブではすっかり定番になった感のある曲でさらにもう一押し。このあたりで僕のパワーも電池切れ気味だったがいいタイミングでMCが入って助かった。

MCではハヤシがLIQUIDROOMの思い出としてMySpace「Secret Show」(2007/9)のことを回想。
このライブではMySpaceのブルーロゴにちなみドレス・コードは全員「青い服」ということで観客もスタッフも青い服、POLYSICSのメンバーも全員青いつなぎで登場、というライブだったが、このライブでの「会場全体が凍ったというヤノのDJ」が、その次の下北沢CLUB QueでのDJイベントでは一転アゲアゲのゴアトランスをかけた話にハヤシがヤノに「極端すぎるよ!(笑)」と改めて突っ込んでたのが楽しかった。

そして本ツアー恒例、終盤入り前のハヤシの煽りMC!「俺はこの蒸し蒸しが大好きだ~!たくさん汗かいてデトックスしようぜー!!キレイになろうぜー!!ドクターシーラボもドモホルンリンクルも要らねえー!!」みたいな感じの絶叫で再びフロアが点火!「Beat Flash」から本編ラスト「Shout Aloud!」までハジけ過ぎたせいで僕はすっかりバテバテ(笑)それにしてもフミの「ワチュワナドゥー」が大好き。このライブでも観れて嬉しかった!!

アンコール前に来年3/4のShibuya AX ワンマンの告知が。これは行きたいぞ!

アンコールはなんと4曲。1曲目の「踊れHeaven」は新曲群の中でもかなり地味な感じ、CD音源で聴くとどうなのかぜひ聴いてみたい。次は久々まさかの「Get Back To 8-Bit」、そしてここに持ってくるかの「Pretty Good」!この時点でもうアガり過ぎて体力ゼロ。大トリ「Speed Up」では足の裏が痛くて痛くて(笑)。病み上がりのせいなのか年齢のせいか分からないが、まあ最後まで何とか持ちこたえられてホントによかった。

終演21:20。楽しかった~!圧倒的で圧巻のライブ、やっぱりライブはこうでなきゃねえ。Perfumeも久しぶりにLIQUIDROOMでやったらいいのになあ。

なお悪いことに、先日完治したばかりの耳をこのライブでまた傷めてしまい、いまは耳鳴りが止まりません(泣)。前回痛めた時の余った薬を飲んで様子を見ることにする。次回から常時耳栓をすべきか、どうか・・・悩ましいなあ。


《セットリスト》

1. Heavy POLYSICK
2. BUGGIE TECHNICA
3. シーラカンス イズ アンドロイド
4. Mach肝心
5. Tei! Tei! Tei!
6. How Are You?

7. For Young Electric Pop
8. Boil
9. Time Out
10. Hot Stuff
11. 人生の灰

12. Rock Wave Don’t Stop
13. Too Much Tokyo
14. Don’t Cry
15. First Aid
16. United

17. Beat Flash
18. Digital Coffee
19. Young OH! OH!
20. ワチュワナドゥー
21. カジャカジャグー
22. URGE ON!!
23. Shout Aloud!

En1. 踊れHeaven
En2. Get Back To 8-Bit
En3. Pretty Good
En4. Speed Up


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2010/11/14 SOIL&"PIMP"SESSIONS@ラフォーレミュージアム六本木 | ライブも仕事のうち。 | 2010/11/3 Perfume@東京ドーム>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。