僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010/9/5 クラムボン@よみうりランドオープンエアシアターEAST
2010-09-06 Mon 01:33
今年6回目のクラムボンライブはよみうりランド。去年まで恒例だった日比谷野音を飛び出しての新しい野外ワンマン、どんな形になるのかものすごく楽しみにしてこの日を迎えた。

今日も猛暑で朝から強烈な日差し。15時前に家を出てバスに乗るが、すぐにチケットごと財布を忘れてきたことに気づき、いったん乗ったバスを降り家へ猛ダッシュ、財布を掴んでタクシーに飛び乗り横浜駅へ。横浜→川崎→稲田堤→京王よみうりランドという経路で向かう。

京王よみうりランド駅に16時過ぎに着いたが、駅を出たらそこは既にバスとタクシーとゴンドラを待つ長い行列が!とりあえずゴンドラに乗ることにして、およそ20分ほど並びゴンドラへ。ゴンドラから見たEASTは、指定席も芝生席もだいぶ埋まりかけていた。

ゴンドラを降りて入園し、トイレを済ませてEASTへ。途中グッズ売り場に並んでタオルを買った後、入場待ちの列について並んで入場。シャボン玉も貰った。で、ビールを買おうと思ったらこれも長い列。もう何をするのも列だらけ。結局ビールをあきらめて水を買い、やっと自分の席へ着いたらすでに開演予定時刻の10分前。結構余裕を持たせたつもりだったのにギリギリになってしまった。次は気を付けないと。

僕の席はB11列98番、つまりセンター後方のPAブースの下手側すぐ隣の通路側席だった。ステージはちょっと遠いけど、センターだから音のバランスも良いし、ステージ演出もよくわかるし、なにより通路側席は自由に動けるからラッキーだった。僕のとなりは可愛い女の子2人組だったので、ぶつかったりして嫌がられなくて済むだけで随分助かった。

ステージにはホリゾント一面に黒い細いテープ(VHSビデオのテープを引っ張り出したみたいなの)がびっしり吊り下げられていて、風になびく度にキラキラと細かく光を反射している。ステージ中央にはひし形のひな壇が3つ、下手側ミト、センター奥に大ちゃん、上手側郁子ちゃん、と最近のメンバーのステージポジション通りに配置されていて、そのひな壇の裾にもやはり黒いビデオテープがびっしりとスカートのように取り付けられている。

だんだん日差しが和らいできて、開演時刻の17:00を過ぎるが、相変わらずビール売場とフード売場の前には長蛇の列、そしてお客さんも全然席に着けずで一向にスタートしない。で、席で待っているとなんと!通路にDewのお二人(清水さんと大西さん)が!!うわ~見に来てたのかあ。。。思わず隣の女の子たちに教えそうになったけど、唐突過ぎるし、Dewって言っても知らないかもしれないしなあ、と思って残念ながら自粛。あと、最前3列目付近に子連れのマイミクさんがいるはずなんだけど、と思って目を凝らすが、こちらもどうしても特定できず。

そうこうしているうちに10分強押して開演。まず大ちゃんがセンター奥のひな壇に上がり、大ちゃんのドラムソロでスタート。ついで郁子ちゃん、そしてやたらと日焼け(石垣島焼け?)したミトが登場してそれぞれのひな壇へ。スタートから観客は総立ちにになり、郁子ちゃんが大ちゃんのドラムに合わせて手拍子を要求。オープニングは「シカゴ」。ついで「はなれ ばなれ」「パンと蜜をめしあがれ」と初期ナンバーでまずは引っ張る展開。周りの観客も、初期~中期ナンバーのほうが圧倒的に食いつきがいい感じ。まだまだ日は高く場内も明るく、みんな思い思いにノッているのがよくわかってとても楽しい!

僕の大好きな「GOOD TIME MUSIC」の後は、「遊園地だったらこの曲をやらなくちゃ!」ということで「Merry Go Round!」!・・・この曲、全力で「メーリゴーラン!ゴーメーリゴーラン!」と叫べるシンガロングナンバーだが、いかんせん会場が広すぎてせっかくのシンガロングも、叫べども叫べども拡散しちゃうのが惜しかった。その次はめちゃくちゃ久しぶりの「アンセム」!これはアガった。そしてミトの「もうちょっと激しいのやる?」というMCに続いて「Ka-Ka-Ka-KaLMa」がスタート!トラメガを手にした郁子ちゃんがひな壇から下りてきて、シャウトを始めたと思ったらなんと郁子ちゃんのトラメガから音が突然出なくなるアクシデントが気の毒。いっちばん盛り上がるところだったのになあ~。

MCを挟んで、こんどはミディアム~スロー系のナンバーで落ち着いた流れへ。まずは久しぶりの「Tourist On The 未来'n」。風に乗って無数のシャボン玉が会場を舞い、徐々に暮れ始めた青空へ舞い上がっていく。シャボン玉と、空の色と、刷毛ではいたような白い雲とのコントラストがとてもきれい。そしてミトのアコギのイントロが流れた瞬間一気に会場が沸いた「波よせて」へ。ウェイバーウェイバーってスタートして、ミトがベースに持ち替えたとたん、ベースから音が出ないアクシデント。で、おもむろにもう一度アコギのイントロからリスタート、ミトがMCを含めてまるっきり最初から再生しようとしているのが笑った。でも、観客のシンガロングはやっぱりあまり聴こえなかったのはやっぱり会場が広かったせいだろうなあ。その次は「便箋歌」。今日はやたらにアクシデントが多い日で、この曲ではミトがケーブルに足を引っ掛けて転びかける。郁子ちゃんがいったんそこで演奏を止めたんだけど、再開直後のフレーズが「あなたは相変わらずダメダメな人ね・・・ハラハラさせられっぱなしで困ったもんです~」で偶然にしても面白過ぎ!しかも「マイペースとかマイワールドとか」・・・ハマり過ぎでしょうこれは!ミトが「今日響くなあこの曲!」と言っていたのがさらに面白かった。

MCを挟んだ次の曲は、「ほぼ日」とのコラボ曲でライブ初披露の「黄昏」。音源は配信限定リリースなので知っている人が少ない様子、しかもミトが「この曲はビールを呑みながら聴いて」的なことを言ったせいで、曲の途中でやたらたくさんの観客がぞろぞろビールを買いに向かう展開(笑)。この曲もじつにユルい感じで、便箋歌まではほぼ全員全員が立っていたのに、この曲でほぼ全員が着席。(まあ僕は最後まで立ちっぱなしだったけど)。

日が落ちて、場内がすっかり暗くなり、ミトが「一番星見つけた」と言った後、圧倒的な展開が始まる。まずは「ハレルヤ」。暗くなったおかげで照明の効果が俄然すごくなる。ホリゾント全面に垂らされたビデオテープにブルーの照明が当たり、ホリゾント全面が深い海のように揺らぎながら妖しく輝く。メンバーに天井からスポットが落ち、舞台後方から客席方向に白い強い光が信号灯のように点滅を繰り返しながら飛ぶ。郁子ちゃんの声が、その光と一緒に、遠く強く伸びてどこまでも飛んでいくよう。ある瞬間、それまで遠かったステージまでの距離が、一瞬にして近づいたような錯覚を覚えて、現実との境目が分からなくなった。
そして「ララバイ サラバイ」。ミトの静かなベースのイントロから、郁子ちゃんの歌唱が始まってからも、淡々と静かに、息詰まるような切ない情景が紡がれていく。そしてサビにかけて感情が洪水のように一気に解放されて激しい盛り上がりを見せる感じがもうただ圧倒的というしかない。みんな座って観てたけど、僕はこの曲はとても座ってなんかいられなかった。照明はより一層激しさを増し、深い青、深い緑の荒れ狂う感情の海に投げ出されたような感覚を覚えた。今日のステージの1番のハイライトだったんじゃないかなあ。

次は長い前奏、「カルアミルク」が来るのかな?と思って聴いていたら、なんと「バイタルサイン」。ここで観客がまた立ち始める。舞台照明も時折真っ赤になったりして激しさを増す。そして次の「サラウンド」ではまた全員が立つ!やっぱり定番曲だけあって、きちんと盛り上がる。
本編ラスト2曲は「NOW!!!」と「KANADE Dance」。アルバム「2010」の中でも好きな曲なだけに嬉しい。「NOW!!!」は人目もはばからず、どうしても飛び跳ねちゃう。それから「KANADE Dance」は楽曲の生い立ちを分かって聴くと、子を持つ親としては胸に込み上げてくるものがある。先日のサマソニでもやったけど、その時は泣いちゃったもんなあ。やっぱり何度聴いてもいいものはいい。ミトが「祝福の曲」って言ってたけど、まさにその通り。

本編が終わって暗転し、いったんメンバーが下手袖にハケたが、今日は会場が広いせいで、アンコールの拍手がどうにも揃わない。僕の周りだけやたらきっちり揃っているんだけど、会場全体に波及していかない。ハコライブだったら絶対揃うぐらい強力な拍手なんだけどなあ。

しばらくしてステージの照明が点灯すると、なんと物凄い金ピカのいでたちのメンバーが登場し観客が一気に盛り上がる!3人がひな壇に上がってのアンコール1曲目は「SUPER☆STAR」!もう見た目で何の曲をやろうとしているのかすぐ分かった(笑)。この曲の最中に、それまで動かなかったひな壇が突如5~6mの高さにせり上がり、ひな壇のスカート部分にも照明の光が当たる、という派手な演出。この曲、ライブでは初めて見たのでとても新鮮で面白かった。

曲が終わって再びメンバーが下手袖にハケて暗転、ダブルアンコールへ。(しかしやっぱり拍手はそろわず・・・よみうりランドでの拍手合わせはもう諦めたほうがよさそう)
ダブルアンコール1曲目は「Re-残暑」。絶対来ると思っていたのに本編でやらないから、予想が外れたかと思ったら最後の最後で持ってきた。それにしても9月らしい良い曲だなあ。3人の乗ったひな壇が別々に昇降を繰り返す派手な演出。よみうりランドではこんなことができるんだ、と感慨深かった。

大トリはメンバー全員がひな壇を降り、ステージ中央に集まって「Re-Folklore」。ミトがアコギ、大ちゃんがタンバリンを手にして、郁子ちゃんの歌がそこへ乗ってきて、しみじみと心に響く。今日は観客みんなの合唱もいつもよりもグッと長時間だったような気がする。やっぱりこれを歌わないと帰れないよね。

終演19:40過ぎ。ちょっと曲数が少ない気もしたし、もう少し長くやってほしい気もしたが、素晴らしいライブであったことは間違いない。最後に郁子ちゃんが「新しい場所ができたかも~!」と絶叫していたから、来年もよみうりランドでの野外ワンマンをやるかも知れない。また来たいなあ。
帰りは物販もスルーし、ゴンドラ乗り場へ直行。僕が着いたときにすでに15分待ちで、そこから後からできた行列はその3倍はあったから、並んだ人は帰りはきっとくたびれ切っただろうなあ。お疲れさまでした!

(セットリスト)

1. シカゴ
2. はなれ ばなれ
3. パンと蜜をめしあがれ
4. GOOD TIME MUSIC
5. Merry go round!
6. アンセム
7. Ka-Ka-KaLMa!
8. Tourist On The 未来'n
9. 波よせて
10. 便箋歌 
11. 黄昏
12. ハレルヤ
13. ララバイ サラバイ
14. バイタルサイン
15. サラウンド
16. NOW!!!
17. KANADE Dance

En1. SUPER☆STAR

En2-1. Re-残暑
En2-2. Re-Folklore 


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2010/9/8 くるり@新宿タワレコ | ライブも仕事のうち。 | 2010/9/2 ペトロールズ@晴れたら空に豆まいて>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。