僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010/7/13 APOGEE「~perigeepoint vol.4~」@Shibuya O-nest
2010-07-14 Wed 01:18
「ペリジーポイント」もあっという間に4回目の最終公演。朝の時点では完全に遅刻確定と思っていたが、予想外に仕事がはかどり、18時30分にはオフィスを出て渋谷へ。一日じゅう降ったり止んだりの天気のせいで、湿度は高いがひんやりとした空気で気持ちいい。渋谷は雨も上がっていた。田園都市線渋谷駅のコインロッカーに荷物を入れ、カサをロッカーの天井へ放り上げO-nestへ向かった。着くと、O-nestエントランスのある建物6階へ向かうエレベーターの前は既に人垣が出来ていて入り込む余地もない。僕は整理番号A9という異常に良番のチケットを持っていたのでそれを生かすべく何とかエレベーター前に進み、呼ばれたタイミングでエレベーターへ乗り込んだ。

6階へ着くと降りてすぐラウンジになっていて、右手窓沿いでは物販が始まっていた。物販の列に何気なく並ぶと、台の上にはなんとなんと例の「APOGEE福袋」が陳列中・・・!というわけで、福袋、あっさりと買えちゃった(笑)。
奥にあったコインロッカーに福袋を突っ込んで呼び込みを待ち、螺旋階段を下りて5階のフロアへ。最初は最前2列目センターにいたが、あんまり前過ぎるかなあと思い後から来た女子に譲って3列目センターで観ることにした。フロアは意外に広く、ステージ幅は12人分程度。フロアの後ろ1/3ぐらいのところで20センチ程度段上がりになっていてそれがフロアをぐるっと取り囲んでいる。下手側の後方の壁には、夢幻タワーツアーでおなじみだった電飾が飾ってある。観客は相変わらず若い女子が多いが、後ろのほうには長身男子もちらほら。フロアに観客を入れ始めてからしばらくの間はフロアにSEが流れてなく、静かな感じが新鮮だった。

開場時刻の10分ぐらい前にSEが流れ始め、開場時刻に場内アナウンスが入り、それより5分ほど遅れて客電が落ち、上手のカーテンからようやくメンバー登場。永野くんは深めのVネックT、大城くんはグレーの半袖シャツに白のパンツ(シルバーのドット模様のついた派手な感じ)、間野くんは太いボーダーTにハット、内垣くんは黒Tにジーンズといったいでたち。

オープニングは過去3公演と同様、幻想的な新曲(「BTTB」(仮))から。O-nestのステージ照明はせいぜい4~6灯ぐらいしかなく地味なんだけど、地味さがかえって幻想的な雰囲気を強めていて良い感じ。「BTTB」が終わるとすぐ「絵描きの絵空事」へ、以降「アヒル」→新曲と次々に曲を畳み掛けていく極めてタイトな展開。この新曲、マイケル・ジャクソンの楽曲や80年代AORを彷彿とさせる曲調で、一連の新曲群の中で僕が一番好きな曲なんだけど、やる直前に永野くんが「Falling!」って言ったからこれが曲名なんだろう。
今日は全般にMC量を抑えて、代わりにたくさん曲を聴かせようという意図、意気込みを感じるライブだった。新曲(初披露の曲はなかったけど)に加えて、「ゴースト・ソング」「GIRAFFE」といった既存の強力な楽曲、それから「Star Honey」や「???What is the life???」「Drop」といったライブではあまり最近やらない曲をバランスよくやってくれたのが嬉しかった。
それから、この日のカバー楽曲はCSSの「Let's Make Love and Listen to Death From Above」。原曲よりもハードなアレンジがめちゃくちゃカッコいい。
本編トリに「Just a Seeker's Song」をやってくれたのも嬉しかった!なんだかこれまでの3公演で僕がやってほしかったのになあ~と思っていた曲を、今日の公演で全て残らずやってくれた感じがして、実に満足。

アンコールのMCではまず明日(7/14)誕生日を迎える大城くんへハッピーバースデーの合唱を贈り(大城くんがテレまくっていたのが大変微笑ましい光景だった)、そのあと「Creatures」。この曲、ライブでやったのを聴いた覚えがないぐらい。そしてなんと大トリは「グレイマン」!トリにグレイマンは新鮮だったがこれはハマる。めちゃくちゃアガったなあ。

今日は公演の長さ自体は過去3公演と大差なかったのに(&結局、曲数も過去と大差なかったのに)、引き締まったタイトな展開に加え、僕好みの曲も沢山やってくれて、極めて充実したライブだった。それに音がとても良かった!「Shibuya O」系のハコはどこもPAの音量が強めだがO-nestも例外ではなく、これまでの3公演に比べて重低音の威力がすごい。それでいて各パートの音もボーカルの音もよく出ていて、非常にバランスが取れたいい音だったと思う。
終演21:30。終演後ステージ上の永野君用ボーカルマイクのマイクスタンドの根元を見ると、そこには何とセトリが!!新曲群の仮題、これでほぼ明らかになりました(笑)。


《セットリスト》

1. BTTB(新曲)
2. 絵描きの絵空事
3. アヒル(メジャー移調版)
4. Fallin'(新曲)
5. Star Honey
6. Melody04(新曲)
7. Drop
8. ゴースト・ソング
9. Waltz #2(新曲)
10. ???What is the life???
11. NMD4(新曲)
12. Let's Make Love Listen To Death From Above(CSSのカバー)
13. GIRAFFE
14. A Boy In The River
15. Just a Seeker's Song

En1. Creatures (What Are We?)
En2. グレイマン

追伸:僕の福袋の中身はこうでした。これはすごい!
・Tシャツ2枚
・オリジナルキーホルダー
・ステッカー2枚(夜間飛行リリース時のノベルティ)
・間野くん直筆サイン入り書籍(「テースト・オブ・苦虫」町田康著)渋い!!


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2010/7/23 クラムボン@中野サンプラザ | ライブも仕事のうち。 | 2010/7/10 ペトロールズ@六本木SUPERDELUXE>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。