僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2012/5/29 ペトロールズ/DE DE MOUSE 「THIS BEAT」 @代官山・晴れたら空に豆まいて
2012-06-02 Sat 23:29
thisbeat.jpg


相変わらず仕事の集中度が凄まじい。うちのオフィスでは、今の時期に極端に集中する固有の事務があり、その内容チェックだけでも大変なのに、それに加えて先日受けた業務監査の結果が芳しくなかった。当分は厳しい日々が続くんだろうなあ・・・この日のライブはDE DE MOUSEとペトロールズの対バンで、どちらも僕の大好きなアーティストだけに、もうずいぶん前からずっと楽しみにしていたのだが、こんな状況でオフィスから早帰りするわけにもいかず、正直参加は諦めていた。しかも、晴れ豆は予約キャンセル不可・・・。とりあえず僕の分まで一緒に予約してくれていたTwitterフォロワーのせいこさん(なんとこの日福岡から遠征!)には絶対迷惑を掛けられないので、予めせいこさんの口座にチケット代金を振り込んでおいて、僕の分とまとめて2人分払って入場してもらうことにした。お金は勿体ないけど、仕方ない。

そんな中、ふと自分で書いた過去のライブレポを読み返してみると、晴れ豆のライブは大体どれも22時過ぎに終わっていることに気がついた。ということは、20時にオフィスを出れば、21時少し前には晴れ豆に着けるから、遅刻しても小一時間はライブを楽しめることになる!しかも昼間のデデ君のツイートで、この日の打順はデデ→ペトという順であることが事前に分かっていた。デデはちょっと無理だとしても、ペトロールズが見られるなら、遅刻しても行く価値はある。俄然気を取り直して、とにかく仕事を20時に片付けることに全力を傾けた。

その甲斐あって、予定より少しオーバーしたものの20:20にオフィスを抜け出せた。井の頭線と東横線を乗り継いで、代官山に着いたのが21:05。いつも空きがある代官山駅のコインロッカーに荷物を入れて、晴れ豆に着いたら21:08になっていた。受付でドリンク代を払おうとしたら、なんと先に入ったせいこさんがチケット代だけじゃなくドリンク代までも僕の分を支払ってくれていた!うわー悪いことしちゃったなあ、後で返さなきゃ!

ドリンクチケット代わりのいつものおはじきを貰ってフロアへ入ると、ペトロールズ、始まっちゃってた!ちょうど、「ASB」の後半からアウトロに差し掛かるあたりの演奏の真っ最中。この日のフロアはオールスタンディングで、チケットは早々とソールドアウト。そのおかげで、フロアはほぼ満員。後ろからではほとんどステージが見えなかったから、少しでもいい視界を求めて、フロア後方から前方へ向かって隙間を縫うように移動開始。その途中で、いつものように後方待機で楽しんでいる千鶴さんお連れ様を発見!軽くご挨拶したついでに訊いてみたら、まだASBが1曲目だということが判明。そのまま、下手側の壁伝いに前へ前へ進み、下手壁沿いの最前5列目を確保して、そこで観ることにした。ふと前を見ると、いつものボブ前最前列に千鶴さんがライブを愉しんでいる姿が目に入った(笑)。それにしてもこの位置、前の方に背の高い人がほとんどいなかったおかげで、長岡くんを始めメンバーの姿がよく見えた。しかもスピーカーからほどよく離れていることもあり、耳への負担も軽く、音も良かったし、助かった。

1曲目の「ASB」から「27時」(ピーター/昼と夜 改題)へは普段通りの流れだったが、3曲目の「誰」は少し構成が変わり、イントロとアウトロが少し長くなっていた。5/26の服部緑地に参加した椛さんがツイートしていたのはこのことだったのか。そしてそのまま「インサイダー」へ。後半のソロ回しではジャンボのベースソロをいつもよりもたっぷりとやったあと、ボブの短いドラムソロから長岡くんの長い長いギターソロへ展開して満腹満腹(笑)。それにしても、この日のフロアはみんなのノリが明らかに良い。いつもよりもはるかに自由に揺れている感じで、立ち止まって固まって観ている観客は数えるぐらい。先攻のDE DE MOUSEのアクトがめちゃくちゃ盛り上がったらしいから、そのせいもあったのかも知れない。

「誰」の後はグダグダのMC。開演前にボブが楽器屋へシンバルを買いに行ったが、ついでにボブが長岡くんに買ってきたギターの弦の太さが違う、という長岡くんからボブへのクレーム(笑)。さらに、買った新しいシンバルをなぜこのライブで使わないのかについての長岡くんからボブへの尋問(笑)。それぞれ、ボブの回答は「店員にこれですか?って訊いたら当たり前でしょ風に『はいー』って言われたから」「サウンドチェックの後でシンバルを新しいのに換えちゃったらなんだか悪いから」でした。ボブ、いい人だなあ(笑)。
あと、ボブはこの日シンバルだけじゃなくトライアングルも買ったそう。ボブ曰く「お前の曲で使いたいんだ」と長岡くんに言っていたから、これはちょっと期待。

それから告知。まずライブ告知では6/24の在日ファンクとのツーマン(@渋谷CLUB QUATTRO)、それから7/1の下北沢インディーファンクラブ2012。そして、物販告知では例のライブ盤「capture419」の告知を。5/13の代官山LOOP以来、ライブ会場物販で売られてきたが、すごい売れ行きで、残り在庫が少ないらしい。長岡くんによると「来月ぐらいまでにはみんな買えるようになりますから、WEBサイトをチェックしてください」ということなので、まだCDを入手されていない方はもう暫くの我慢です。さらにその後、重要な告知が!「再来月かな?ちょっと、単独のライブでもやろうと・・・そんな予定が無きにしもあらずということで、よろしくお願いします」と長岡くん。とうとう来た、7月ワンマンのサプライズ告知!!正式アナウンスはまだ出ていないが、俄然楽しみになってきた。SuperDeluxeかなあ?

長岡くんの「じゃあ、ちょっと懐かしいのをやります・・・いうほどでもないんだけど」と一人ツッコミ風の台詞に、期待のこもった歓声がフロアから上がると、すかさずボブが「知らない人には新曲だから」と混ぜ返し、さらには「じゃあ行こうか、お前らぁー!行くぞぉー!!」とGIG録以来のお約束で煽ってスタートした曲はなんとなんと、めちゃくちゃ久しぶりの「高速」、再びのサプライズ!。「高速」はもうここ2年ほどライブで演っていないはず。ボブの言った通り、この曲はフロアのほとんどの人が初聴だった模様で、それまでの曲ではしっかり揺れていたフロアも、この曲の時だけは新曲傾聴モードの大人しさ。でもいい曲だよねえ。

続けて「風穴」。途中まではずっと普通だったのが、アウトロの「アーーリア・・・アーーリア・・・」のコーラス、いつもなら4回ほどやってポンと終わるはずが、この日はそこで終わらずにコーラスが続く。しかもそのコーラスがどんどんテンポアップして、BPM120ぐらいまで加速!と思ったら突如曲調が変わって、シンセを思わせるようなギターソロに合わせて長岡くんの「彼女ぉーちょっとぉー幸せそうに見えーるー♪」と、なんと「ないものねだり」のサビ!なんというしびれる繋ぎ!!「ないものねだり」と判った瞬間、フロア中から大歓声が上がった!長岡くんがサビを歌い切ったところでいったんタメて、そして満を持して「ないものねだり」へ。今まで聴いたことのない新鮮な展開に、ワクワクとニヤニヤが止まらない。こういうお披露目の場に立ち会える喜びが分かっているから、やっぱりライブ通いがやめられなくなっちゃうんだよな。「それではまた皆さんお会いしましょう」と長岡くん恒例の台詞に合わせて、「夜中の数学」で本編トリ。

アンコールでは、「こないだアストロホールでライブやった時に、店長さんに『インカム着けたのってアストロホール史上2人目だ』って言われた」と言うボブの話になった。なんと一人目は「C-C-Bのドラム」だということが判明してフロアから大歓声(笑)!「ちょっとやってもらっていいですか?」という長岡くんのリクエストに応えてボブがやったのは「クーリースーマスキャロルがぁー」となぜか稲垣潤一、しかも志村けん風のボーカル(笑)。「稲垣潤一さんもインカムだったの?」と訊く長岡くんに「インカム・・じゃなかったっけなあ・・・分かんねえんだよな俺も。でもまあシーシービーとビーオービーみたいな」と全くとりとめもなく応えるボブ(笑)。ペトロールズが「B-O-B」に改名したらびっくりするわ(笑)。最後は「ホロウェイ」で締め。22:08終演。

終演後すぐに最前列付近にいた千鶴さんと合流、さらに後ろの方にいたゆっこお母さんとも合流。先に入場したせいこさんに挨拶してドリンク代も返そうと思って、僕だけ分かりやすい位置に移動して、何度かTwitterでDMを送って待っていたが、結局お目にかかれず。後から訊いたら携帯の電源がOFFだったそう、それじゃあ会えるわけないな(笑)。せいこさん、また東京遠征されることがあったら、そのときにドリンク代お返しします!

待っている間に、ステージ上手袖からデデくん本人がフロアに降りてきて談笑していた。ステージで煽っている姿からは想像できない、実に礼儀正しい好青年ぶり(笑)。物販の列もハケて、フロアで溜まっていた人もぐっと減ったので、待機を打ち切って、千鶴さんペアとゆっこお母さんの4人とまた合流して、晴れ豆を後にした。

それにしてもこの日のライブは、最近ペトロールズの対バンへ頻繁に参加しているせいで生じ始めていた軽い飽きみたいなものを完全に吹き飛ばす、意外性と新鮮さにあふれた素晴らしいライブだった。短い尺ではあったけど、対バンであることを忘れそうな充実した内容で、次のワンマンがますます楽しみになってきた。そしてそろそろ、新曲なんかもお願いしたいなあ(笑)。


《ペトロールズ セットリスト》

 1. ASB
 2. 27時(ピーター)(昼と夜)
 3. 誰
 4. インサイダー
 5. 高速
 6. 風穴
 7. ないものねだり
 8. 夜中の数学

 En. ホロウェイ


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2012/6/8 高野寛+伊藤大助 @ duo MUSIC EXCHANGE | ライブも仕事のうち。 | 2012/5/24 阿部芙蓉美 @Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。