僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011/10/21 SOIL&"PIMP"SESSIONS @タワーレコード渋谷店
2011-10-22 Sat 19:37
新譜「MAGNETIC SOIL」のタワレコ購入者限定抽選に当選した人(とそのお連れ様)だけが参加できる、「TOUR前夜祭」と銘打ったスペシャルなインストアライブ。この手の抽選には滅多に当たらない僕ですが、なんと当選!でも、せっかくだからもう一人を誘おうと思ったらみんな先約ありでダメ。しかたなく、もったいないけどいつもと同じく僕一人でのライブ参加となった。この日は朝から肌寒い曇天で、午後に入ると雨粒が落ち始める生憎の天気。渋谷に着いた頃には傘が必要なほど雨が降っていた。会場のタワーレコード渋谷店に集合時刻の少し前、19:20過ぎに到着。タワレコ渋谷のインストアライブスペース「STAGE ONE」はタワレコの地下1階にあって、僕は実はここにくるのは初めて。

入場に先立ち、地下へ降りる階段に番号順に整列。壁に貼られた整列位置を示す貼り紙をみると、整理番号は150番前後まで出ている模様。ということはキャパは150×2=約300人ぐらい、ということか。僕は整理番号61番で、STAGE ONEの入口のすぐ近くの階段に並んだ。しばらく待った後、スタッフの誘導で順次入場。フロアに入ってぐるっと見てみたら、ステージとフロアの位置関係といいフロアの形といい、下北沢CLUB Queとよく似た感じのハコ。幅5mぐらいのステージと横長のフロアで、奥の方(ステージ下手側)にかなり余裕がある。フロアには太い柱が3つあって、柱の陰に行ってしまうとステージが見えない。僕はセンターのわずかに下手寄り、前から5列目あたりをキープし、手に持った傘をズボンの前の部分に引っかけて開演を待った。

開演予定時刻の20:00きっかりに客電が落ち、「MAGNETIC SOIL」のオープニング曲「Sexual Hungry」が開演SEとして流れると、みどりんを先頭に社長以外のメンバーがステージに登場し大きな歓声に包まれた。少し遅れて踊りながら社長が登場するとさらに歓声は大きくなり、フロアのあちこちから「社長ー!!」という声が飛ぶ。「Some Skunk Funk」からライブスタート。ステージ上の配置は、フロント下手が元晴(A.Sax)、センターが社長、上手がタブゾンビ(Tp)、そして後方下手にみどりん(Dr)、後方センターが秋田ゴールドマン(Ba)、後方上手に丈青(Pf、Key)。たぶんツアー本編でもこの配置になるものと思われる。

この日のライブは、基本的に新譜からの楽曲が中心だったこともあり、音に身を委ねてノリまくる、というよりも、ステージを注視する観客のほうが多かった感じで、フロアのアガり方も若干控え目。社長がステージから手振りで客を煽っても、客のほうがいつもの喰いつきじゃない感じ。思うに、客の構成が「ソイルファンの人と、ソイルを全然知らないお連れ様」のペアが多かったのかな?そんなことも原因なのか、オープニングの1曲目からいきなり観客全員が全力で飛ばしまくる、といったいつものソイルワンマンの熱狂ぶりとはどことなく違う空気が漂っていた。それでも、ステージ上のソイルメンバーのパフォーマンスはすごい迫力で、特に元晴は汗まみれの顔面を紅潮させてサックスを吹きまくっていて凄まじい気迫。タブゾンビのトランペットも、今日はめちゃくちゃいい音が出ていて、素晴らしい!さらにみどりんがオープニング直後からホントに楽しそうな笑顔を見せていて、見ている僕も心から楽しくなってしまう。新譜からの楽曲が3曲続いたが、どの曲もライブ映えするいい曲だよね。改めて思うが、「MAGNETIC SOIL」の出来栄えは今までに出たソイルのどのアルバムよりも素晴らしいと思う。3曲続けてやって、社長のMCに入る頃には場内もすっかり暖まった。

続くMCで社長が「ここに来てくれたということは、僕たちの今の結晶を手にしてくれた、ということだよね」と観客に訊くと、フロアから大歓声が。「音は自分たちだけでは創れない。みんなで音を出して声を出して、今日しかない空気を創ろう」と呼びかけると拍手と歓声に包まれた。続いて丈青のしっとりしたピアノソロから始まる「Deep Inside」。これアーバンな感じでいいねえ。元晴とタブゾンビと丈青のソロがバランスよく入ってて、特に丈青のピアノソロは喜びに溢れてる感じで最高!

社長からここでメンバー紹介。この日の観客のことを「今日の声、お前ら!」といって、観客のこともメンバーとして紹介するとフロアが大きく沸いた。この日、フロア上手側の最前部にちっちゃい子を連れてきてる客がいて、その子を連れてきた客の歓声にMCで社長が絡んであげてた。なんとその子、2歳ですよ2歳。こういう大きい音のする場所にちっちゃい子どもを連れてくるのには個人的には大反対。耳壊すよマジで。でも社長は「この子に俺たちの声、入れてこうぜ!」と、とても嬉しそう。

MC明けは「ASA」から。「ワンツースリーフォーASA!!」って一瞬で終わっちゃって、観客が誰も反応できない(笑)。一瞬過ぎて、立て続けにこの曲を3~4回繰り返したんだけど、セットリスト上はどう表現すべきなんだろう(笑)。ちなみに、アルバムでもわずか4秒の曲です。続けて「閃く刃」と定番曲でグッとフロアを上げておいて、さらに新譜から2曲。といっても「Summer Goddess」のほうはアレンジが違うだけで定番曲だね。全身を音に委ねて揺れまくった。まわりに僕みたいなスーツ姿のリーマンなんかほとんどいなかったけど、楽しいんだから関係ない。

最後、社長が拳を上げて「SOIL AND PIMP!」「TOWER RECORDS!」「We love music!」とコールアンドレスポンスで煽って行きライブ全体の一体感を高めて行く。「最後にみんな、叫んで終わろうぜ!!」と社長がシャウトするとゴールドマンの高速ベースソロが始まって「SATSURIKUニューウェイブ」がスタート、フロアがこの日一番の大歓声に包まれた!僕も拳を突き上げて「SOIL AND PIMP!!」と全力で飛び跳ねながら連呼。おかげで全身が汗でしっとりに。やっぱりこれぐらい白熱しないとソイルのライブじゃないよね。とても気持ち良かった!

終演20:37。新譜からの曲はどの曲も非常に熱い曲で最高。ツアーに向けてのいい予習になった。しかもメンバーの出す音の仕上がりが素晴らしい。たった40分弱の短いパフォーマンスだったが、現時点で既に驚きの完成度で、これはますますツアーに向けての期待が高まるなあ。11月6日のSHIBUYA-AX、わくわくが止まらなくなってきた。


《セットリスト》

 0. Sexual Hungry

 1. Some Skunk Funk
 2. Jazzman In The Rave
 3. Moon At Noon

 4. Deep Inside

 5. ASA
 6. 閃く刃
 7. Tell Me A Bet Time Story
 8. Summer Goddess [Son Of Goddess Ver.]
 9. SATSURIKUニューウェイブ


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<2011/10/23 naomi&goro @原宿教会(BOSSA AOYAMA 2011) | ライブも仕事のうち。 | 2011/10/20 キリンジ @SHIBUYA-AX (Day2)>>
コメント
追加
ちなみに夫は、数少ないスーツ参戦組でしたよ。
シャツの上から、フジロックの懸賞で当てた
ソイル6人のサイン入りTシャツを着て!
2011-10-22 Sat 23:11| URL | 2歳児母です #Gdi29JnI [内容変更]
Re: こんばんは
2歳児母です さん、コメントありがとうございます。

ブログ拝見しました。色々思うところおありのようで、まあ人それぞれということでしょうかね。
このテーマ、語り始めると長くなっちゃいますし、きっと喧嘩みたいになっちゃいますのでこれ以上は書きませんが、いずれにしてもソイルの音が最高なのは間違いありません。
僕は11/6のAXに行ってきます。またレポを書くつもりですのでまたよかったら覗いてみてください。
ではでは!
2011-10-22 Sat 23:23| URL | やち(Yachi40) #- [内容変更]
Re: ありがとうございます。
お読みいただいてたんですね、それは嬉しいサプライズです!
頑張ってレポを上げた甲斐があるというものです。
ちなみにmixiにも同文をマルチポストしてまして、もちろんSOILコミュにもJ.A.Mコミュにも入っております(笑)。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
2011-10-23 Sun 11:44| URL | やち(Yachi40) #- [内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。