僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
【ライブレポ】 2014/1/12 J.A.M @ モーションブルー横浜(1st ステージ)
2014-01-13 Mon 12:07
0112-thumb-668x376-586.jpg


休日ライブだったからなるべく終演が早くてうちに早く帰れるようにと、1STステージで予約したこのライブ。事前に会場に電話して整理番号を取らないといけなかったのを2日前まで知らず、やっと取った番号は70番。ということで、上手側、みどりん前の列の後ろの方の席で見ることに。でも後ろといってもステージ全体が見渡せて、そんなに遠いわけでもなく、結果的にいい席だった。この日は一人での参加だったから席に着くなりボウモアのロックを呷ってすっかりいい気持ち。おつまみのドライフルーツ盛り合わせもおいしかった。

定刻にメンバーがステージに登場して、丈青の挨拶から、珍しく曲紹介を経てから「SING WITHOUT YOU」でライブスタート。この日の演奏は、一言で言えば終始リラックスしたムードで、ソロ回し一つとっても、時々あるような「鬼気迫るソロ回しの応酬」みたいな感じは全然なくて、お正月明けの七草粥のような、ゆったり優しい感じ。こういうJ.A.Mも嫌いじゃありません。それに続く「A NIGHT IN TUNISIA」も、音源とは違う、はるかにゆったりしたテンポにアレンジが変えてあって、そこにいつもの当意即妙のアドリブが入って、最高。メンバーが笑顔で交わすアイコンタクトがいつもながら素敵。とくに、丈青がノーガードの笑顔を発散させて本当に楽しそうにピアノを弾きまくるのがもの凄く好き。

ソイルは社長のリーダーユニットだし、どうしても社長中心にライブが進行するけれど、J.A.Mは事実上丈青のリーダートリオということもあって、メンバー3人がソイルの時よりもずっとのびのびと自由に、楽しそうに演奏できていると思う。それがこのトリオの最大の魅力だし、僕がソイルよりもJ.A.Mのほうをより一層好んでいる理由でもある。ぜひ長く続けて行って欲しいなあ。あと、この日のセットリストは3rdアルバムからの曲が中心だったが、1曲だけ新曲が入っていた。これ、ミディアムテンポの落ち着いた曲で、良かったです。またぜひ別のライブでも聴いてみたい。

ライブの後半は開演前に呷ったダブルのボウモアの酔いが急に襲ってきて、頭がぶわんぶわんのふわふわな感じになっちゃって、そこにJ.A.Mの素敵な音が追撃して、もう気持ち良過ぎの状態に。次回も強めのお酒をたくさん飲んでライブに臨むようにしよっと(笑)

本編終了後、満場の拍手と歓声に迎えられてステージの中央に進んできた三人が、客席に向かって、深々と、とても長い時間、お辞儀をしたのがとても新鮮だった。そして、アンコールはいつものMINT。やっぱりこの曲をやらないと、J.A.Mのライブは締まりません!秋田くんが要求したハンドクラップがフロアを埋め尽くして、にこにこのメンバーが、大団円に向かって走って行く感じはやっぱり何度見てもいいものです。楽しかった!


《セットリスト》

 1. SING WITHOUT YOU
 2. A Night in Tunisia
 3. ARIOSO
 4. (新曲)
 5. Sign
 6. Quiet Passion

 En.  MINT



《J.A.M》 -この日の丈青のメンバー紹介に倣って、本名で。

 佐藤丈青(Pf)
 秋田紀彰(Ba)
 緑川直人(Dr)


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ライブレポ】 2014/1/10 イエスマン/Nippon-Paper-Parking @ 渋谷LUSH | ライブも仕事のうち。 | 【ライブレポ】 2014/1/10 伊藤ゴロー @ タワーレコード渋谷店インストア>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。