僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011/10/23 naomi&goro @原宿教会(BOSSA AOYAMA 2011)
2011-10-25 Tue 00:33
この日は、うちの近所の東神奈川にある「かなっくホール」という小さいホールで開催されたフラメンコギターの沖仁さんのライブに奥さんと参加。沖仁さんのライブは17:00開演の19:00終演予定だったけど、アンコールを入れると絶対19:00は過ぎるなと思っていたら案の定、本編終了が19:00だった。このライブ、たいへん盛り上がったので終演まで居たかったけど、かたや「BOSSA AOYAMA 2011」のnaomi&goroのライブを見に原宿教会へもどうしても行きたかった。ということで、アンコールは諦めて、本編が終わると同時にホールを飛び出した。後刻、奥さんにアンコールの様子を尋ねたら、案の定めっちゃくちゃ盛り上がったそう。

ホールを出ると、すぐ隣接するJR東神奈川駅へ。乗換案内だと19:07の横浜線に乗って菊名で東横線急行に3分で乗り換えて原宿教会の最寄駅である銀座線外苑前には開演10分前に到着、と表示されたので何とか間に合うかな、と思ったら、なんと横浜線が3分遅れ!菊名に着いたら乗換時間がたった30秒しかない!それでも、ダメ元で全力で走ったら分未満のバッファタイムがあったおかげでギリギリ予定の電車に乗れた。ここまででもう相当の体力を使ってます。

外苑前に予定通りの時刻に到着し、薄暗い裏道を数分進むとすぐに原宿教会に到着。白い教会の建物がとても美しい。入口で脱帽を指示されて、ハットを片手に教会の中へ入るとすでにぎっしりの人!それもそのはず、教会に着いたのは開演4分前という際どいタイミング。客席は、講壇を扇形に取り囲むように並べられた会衆用の机付きの椅子がそのまま使われていて、それぞれの机上には各々、この日のフライヤーが置かれていた。席がないかと素早く場内を見渡すと、なんと下手側最前2列目に1つ空席が。その席を確保、本当に運がいい!改めて館内を見渡すと、建物の中も一面真っ白!直線と曲線が優美に組み合わさった、ちょっと60年代近未来風のデザインの建築で、天井が高い。さらに、ホールを取り囲むように中二階がある構造で、そこにも観客がいた。

この日はその講壇がステージとして使われていて、フロントに椅子が2つ並べて置いてある。それぞれの椅子にはボーカルマイクのスタンドが設置されていて、上手側の椅子の脇にはギターが立ててある。前回のビルボードライブ東京での菊地成孔さんを加えた3人ユニットでのライブの時の並び方から類推して、ギターのある上手側の椅子がゴローさん、僕の席のある下手側の椅子が尚美さん、と予想。おおっ尚美さんのほぼ前だ、と内心盛り上がりつつ、わくわくと開演を待った。場内SEで流れるナオゴロの曲が疲れた身体にとても心地よい。

開演予定時刻の20:00から10分押しで、尚美さんとゴローさんがステージに登場すると、予想とはまったく反対に、下手側の椅子にゴローさん、上手側の椅子に尚美さんが座った。そういえば、従来からナオゴロの2人ユニットでライブをやるときはたいてい下手がゴローさん、上手が尚美さんだったのをやっと思い出した。

尚美さんはチャコールグレーのドレスにボレロ、ゴローさんは黒っぽいジャケットと、胸元には白いドットのスカーフをストールのように合わせて、と2人とも大変素敵ないでたち。チューニングの後、「The King Of Rock’n Roll」からライブスタート。この会場、さすが教会だけあって残響がとても豊かでびっくり。尚美さんの歌声もゴローさんのギターの音も、ステージから直接客席には向かって来ずに、残響でふわっと膨らんで、そのまま天井へ抜けて行ってから下りてくるといった感じの響き方をして、とても面白い。尚美さんが両手を腿の付け根のところに軽く揃え、一音一音を丁寧に響かせながら歌っていって、そこにゴローさんの優しいギターが寄り添う、という風情で、とても気持ちいい。このところ、菊地成孔さんを入れた3人ユニットでの演奏が多く、その編成時は尚美さんはほぼボーカルに専念していたが、この日は尚美さんも時折ギターを持って弾きながらの歌唱で、これをライブで観たのはほんとに久しぶりで嬉しかった。これ見たかったんだよなあ。

この日のセットリストは新旧のナオゴロのレパートリーからバランスよく佳曲を取り交ぜた構成。約1時間の持ち時間でアンコールを含めて11曲も演ってくれてとても充実していた。中でも、5曲目にやったショーン・レノンの「Into The Sun」のカバーが個人的にはサプライズ!なんとこの曲、尚美さんとゴローさんが両方ギターを弾きながら、二人でユニゾンしていて、めっちゃくちゃいい感じ!今後のライブでも隠し玉として不意にやってほしい1曲。僕はナオゴロのライブでゴローさんが歌ったのを観たのが何せ初めてだったんだけど、こういう二人ともが歌う曲って他にもあるんでしょうか?詳しい方教えてください。

スタートから4曲目まではあまりMCも入れず、次々と演奏していく進行。途中、2曲目の「Pica-Pau」が始まる直前に、ゴローさんが尚美さんに「暑いね」と小声で言ったのが口の動きで分かった(笑)。尚美さんがジェスチャーで「脱げば?」とやってたが、ゴローさんは頑なに上着を脱がない(笑)。でも2階の部分からステージに向かって白いスポットライトが開演以降ずっと当たり続けていたから、ゴローさんが暑がるのも無理ないな。

4曲やってMC。開口一番「暑いですね」とゴローさんが言った(笑)。我慢せずに脱げばいいのに(笑)。(しかもこの後も、なんども「暑い暑い」をゴローさんが連発してました)。このステージでこの日3ステージ目となるゴローさん、オラクルスカイロビーでの菊地成孔さんとのトークバトル(!)が楽しかったそう。好きなCDの掛け合いとかしたらしい。これは観たかったなあ。

この日の観客は、音に揺れるでもなく、非常に生真面目に聴き入っていた感じ(僕は上述のように前の方にいたので、実際はそうじゃなかったのかもしれないが)。でもゆるーいMCを2人が訥々と繰り広げていても、客全員が「キチンと拝聴している感」を発揮していて、やっぱりこのムードは教会というハコの特性に由来するものと思われる。それを受けてボソッとゴローさんが「空気は変えられない、ということで・・・」と言ったのが最高に面白かった(笑)!

MC後に上述のショーン・レノンカバーの「Into The Sun」から「Days Of May」「Rosinha」と3曲続けて。テンポのある曲からゆったりした曲、そして再びテンポのある曲、と並び順もいい感じ。で、そのあとの告知MCで11/5(土)味の素スタジアムで開かれる「カフェ&ミュージックフェスティバル」の告知。ゴローさんが「雨降ったらみんなでサッカーやろうって言ってたんですよ」というと尚美さんがなんと「私サッカーやりたい!」と乗ってきた(笑)。曰く、「教会で演奏する機会もなかなかないけど、味スタでサッカーやる機会は絶対ない!」と。するとすかさずゴローさんが「サッカーできてこれで6,800円は安い」とか「コーナーキックぐらいだったらさせてくれるはず」とか畳み掛けて、館内が爆笑に包まれた。この日のゴローさんはいつもより饒舌でした。菊地さんとのトークバトルのおかげで十分なアップが行われていた模様(笑)。

本編最後は定番曲2曲でしっとりと。本編トリが「Good Night Song」だったけど、実際に気持ち良すぎてか、爆睡していたお客さんもいた。会場がまたがる長丁場のイベントだけに無理もないか。

アンコールでは、韓国の有名な曲(原題を聞き洩らしてしまった)のカバー「Days Gone By」と、ジャニス・イアンのカバー「Will You Dance?」。両方ともとても素晴らしくて、今後のナオゴロのライブでも時々聴きたくなるな。「Days Gone By」の方は韓国だけで配信リリースされているとのことだが、探してみたらYouTubeに音源が上がっていた(曲名と「naomi&goro」の組み合わせで検索するとヒットします)。実にいいねえこれ。

終演21:09。素敵な会場と、残響が印象的な、雰囲気たっぷりのライブで、僕のささくれた心にも平安がもたらされた。教会でお説教を聞くよりももっとはっきりとした癒しを実感できた気がする。終演後はなんとゴローさんとも尚美さんともお話しが出来て、とても嬉しかった。とくに尚美さんとはひょんなことから面識を得て以来しばらくぶりにお目にかかったが、尚美さんが僕のことを覚えてくださっていて、改めて大感激!尚美さん、笑顔がとても可愛かった!

補足:
実はこの少し後に、さらに驚愕と歓喜にあふれる強烈なハプニングが起こったのだが、この場に書いちゃうとなんだか色んな人に迷惑がかかりそうなので、これは記述を差し控えておこうと思う。


《セットリスト》

 1. The King Of Rock'n Roll
 2. Pica-Pau
 3. Meditacao
 4. Gabriela
 5. Into The Sun(Sean Lennon)
 6. Days Of May
 7. Rosinha
 8. Desafinado
 9. Good Night Song

 En1. Days Gone By
 En2. Will You Dance?(Janis Ian)


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2011年 マイベストライブ ノミネート | ライブも仕事のうち。 | 2011/10/21 SOIL&"PIMP"SESSIONS @タワーレコード渋谷店>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。