僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
【ライブレポ】 2014/1/24 APPI JAZZYSPORT 2014-UNITE- After Party @ 渋谷・WWW (cro-magnon/GAGLE/BudaMunk&MONJU/ヤセイ・コレクティブ)
2014-01-25 Sat 23:58
140124main_appiafter_omote.jpg


ヤセイ・コレクティブが出るということで急遽行くことにしたこのライブ。ヤセイ以外のメンツははっきり言って全然予備知識がない状態での参加。イベントがどんな雰囲気だか知る由もなかったのだが、結果的にかなりヒップホップ寄りのイベントだった。普段ヒップホップは全くと言っていいほど聴かない僕にはアウェイ感満点のイベントだったが、でも楽しめました。

開場直後からDJがスタートして、以降続くライブアクトとライブアクトの間をDJが繋いでいくスタイルのイベント。仕事の終わりが押したので、オフィスから急いで会場に向かったが、僕が入場したのは開場20分後ぐらいだった。でもその時点でもフロアはガラ空き。2柵目のセンターに陣取って、DJの音に揺れながらライブアクトを待った。ここはステージ最前エリアから80cmほども大きく段上がりになっていて、ステージとほぼ同じ高さだから、その柵前センターを確保できれば、何にも遮られない完璧な視界が得られる。しかもここは、ステージ両サイドのスピーカーを結んだ線を底辺とする二等辺三角形の頂点の位置だから音もいいんだよね。

その位置からステージに目を向けると、ステージ上には静かに開演を待ち佇んでいる機材の数々。それらを見ただけで、最初の出番がヤセイ・コレクティブであることが分かった。シンセとキーボードの配置、そして例の青いボニードラム!とにかく、今日の僕のお目当てはヤセイだから、もうわくわくもひとしお。

19:00を過ぎてほぼ定刻通りにライブアクトがスタート、まずヤセイ・コレクティブから。とにかく、会場の音が良くてびっくり!そして、ステージのはるか上方にある照明から静かに落ちる光の線、そして暗転したステージの後方から強く射す逆光の照明にヤセイメンバーのシルエットが浮かび上がる。たぶん、この日の音響環境と照明は、ヤセイのライブ史上においても最高レベルだったんじゃないかなあ。

いま振り返ってみれば、このイベントの来ていた大半のお客さんのお目当ては、ヤセイ以外の出演者だったのだろう。実際、悲しいことに、このヤセイのアクトをフロアで見ていたお客さんの数は、拍子抜けするほど少なかった。しかし、こんなヤセイにとって完全アウェイなステージだったにもかかわらず、ヤセイのこの日の演奏は、そんなハンディを完全にひっくり返してしまうほどの激しい気魄が込められた、素晴らしい演奏だった。こんなにストイックで直線的なヤセイのアクトを見たのは初めてかもしれない。4人のメンバーが、複雑で高度なリズムとグルーヴを、一糸乱れぬ完璧なコンタクトでがっちりキメまくっていく姿にはもう、感動すら覚えた。拓郎くんの美しい超絶速弾きに見惚れ、別所くんのゾーンに入った表情に見惚れ、中西くんがポリリズミカルな音の合わせ目に小さく鋭く入れる合図のジェスチャーに見惚れ、そしてマサナオくんの超高速で予想不可能なミラクルなドラムに見惚れ。。。とにかく激しかった、凄かった!ラスト、一転してフロアが真っ白に明るく照らされ、大きく振りかぶったマサナオくんのフルパワーのドラムスティックがスネアとフロアタムに叩き込まれて大団円を迎えた瞬間、この日のすべてが達成された気がした。まさに会心のライブ、本当にお疲れさまでした!!

昨年12月のヤセイのツアーファイナル(@月見ル君想フ、2014/12/15)で初披露された新曲をこの日も。新曲が着実に育ってきているので、次のライブが楽しみで仕方がない。そして音源も!


《ヤセイ・コレクティブ セットリスト》

  1. De Mode:Re
  2. Goto
  3. Do Good
  4. 新曲
  5. 新曲
  6. Chat-Low
  7. 新曲


《ヤセイ・コレクティブ》

  松下マサナオ(Dr)
  中西道彦(Ba&Synth)
  別所和洋(Key&Synth)
  斉藤拓郎(Gt&Vo&Synth)



ヤセイのアクトが終わるとステージセンターにはCDJを乗せた卓が運ばれてきたので、次はDJかヒップホップ系のアクトだなと見当をつけながらスタート待ち。何と言っても、ここから先のメンツは僕の知らない人たちばかりで、常に憶測ばかり(笑)。やがて、さっきまで空いていたフロアにはさっきの様子がウソのように、たくさんのお客さんが集まってきた。始まった次のアクトはGAGLE。この日は1MC1DJ構成で、MC HUNGERとDJ MITSU THE BEATSの2人がステージに。普段は3人編成なんだね。初見だったのだが、MCのHUNGERのラップフロウの巧さが印象的だった。途中、HUNGERが「10分間のラップ地獄」と言っていたフリースタイルっぽいセッションは見応えありました。五十音順にその音から始まる単語をひたすら羅列してつなげていったり、ラッパーの名前を次々に羅列していったり。「リハの時、酷かったからねえ」とMITSU THE BEATSが真顔にからかわれてお客さんが爆笑する局面もあって、終始リラックスしたいい雰囲気。調べてみたら相当長いキャリアのある人で、さすがにベテランだけあってお客さんを乗せて煽るのもスキルフルだし、人気があるのも分かる気がした。普段ヒップホップはほとんど聴かない僕でも、音に揺れながら気持ち良く楽しめたよ。


《GAGLE》

  HUNGER(MC)
  MITSU THE BEATS(DJ)



3番手はBudaMunk&MONJU。ビートプロデューサーのBudaMunkにサポートのキーボード+ベースを加えた3人ユニットに、3MCのMONJUを加えた編成。これもやはり初見。MONJUの三人(ISSUGI/Mr.PUG/仙人掌)がステージ上で目まぐるしく位置を変えながら、フリースタイルとマイクリレーを決めていて、フロアは盛り上がってました。途中で別のラッパーさん2人が一瞬ジョインしてきてのセッションという仕掛けも仕込んであった。でも、普段ヒップホップはほとんど聴かない僕にはだんだん刺激が薄れてきて、そのうちどの曲も全部同じに聴こえてくるようになり・・・アクトの途中で完全に体力が切れてしまい、バーに身体を預けて半分寝てました、すみません。あと、ベースとビートマシンの低音がキツかった。全身がビリビリ振動するほど凄い音で、あれはたぶん身体には良くない。

《MONJU》

  ISSUGI(MC)
  Mr.PUG(MC)
  仙人掌(MC)


BudaMunk(Beat)

《サポート》

 石黒祥司(Ba)
 金子巧(cro-magnon)(Key)


ラストがcro-magnon。これも初見だったが、カッコ良かった!3人が滑らかに牽引するミドルテンポのグルーヴが、ひたすら途切れることなく延々と続いて行く。音のアプローチとしては、ジャズのピアノトリオとか、ジャムバンドっぽいんだけど、ときおり金子くんの80年代フュージョンっぽいシンセの音が入るのが面白い。メロディはところどころベタところもあるけれど、基本的に僕好みのバンドだと思った。ジャンルは違うけれど、ミニマルな音を織り重ねて分厚いグルーヴをトランシーに巻き起こしていく手法が、ROVOにとても共通するところがあって、これはまさにミドルテンポの人力トランスだなあと思いながら聴いていた。結局、スタートしてから30分近く、ノンストップでひたすら演奏し続けて、凄かった。半分目を閉じながら聴いていた僕だったけど、目を閉じながらも、とてもいい気持ちだった。フロアのお客さんの揺れ具合も、この日のアクト中最高だったなあ!途中でダンサーの男性がステージに飛び入りで参加して切れ味鋭いダンスを披露したのもカッコ良かったな。


《cro-magnon》

 大竹重寿(Dr)
 コスガツヨシ(Gt&Ba)
 金子巧(Key)


最後、このイベントのオーガナイザーである、APPI JAZZYSPORT大会委員長のCHOKUさんが、「APPI JAZZYSPORT」を始めるきっかけとなる言葉をくれたという中年男性をステージに引き上げた。「10年20年と、続けて行きましょうね!」というシンプルな挨拶を残してその男性はステージから去って行ったのだが、そのシンプルさによって却って、多くのお客さんに愛されているイベントなんだなあと強く印象づけられた気がする。長丁場のライブでくたくたになったけれど、普段聴かない音を浴びるのは楽しい。
帰り際に、物販のところにいたヤセイのマサナオくんと会って少し話が出来たし、出口のところで拓郎くんにも挨拶できたし、良かったな。

僕の中では、この日のベストアクトは誰がなんと言おうとヤセイ!次は2月の新宿MARZまでヤセイライブはお預け。その日が待ち遠しいなあ。




スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ライブレポ】 2014/1/29 世武裕子/SiMoN @ 下北沢440 | ライブも仕事のうち。 | 【ライブレポ】 2014/1/21 パンパンの塔/camellia/その隙間から/イエスマン/Buddha in thee kitchen @ 池袋Adm>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。