僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
【ライブレポ】 2014/2/10 SOIL&"PIMP"SESSIONS @ 赤坂BLITZ
2014-02-12 Wed 22:40
A018653.jpg


ソイルの結成10周年記念ワンマンライブツアー「10th Anniversary! TOUR 2013/2014」の千秋楽。齢が齢だけに、数年前のように終始縦ジャンプして騒ぎまくる体力もないので、少しでも楽をしつつ、かつそこそこステージから近い位置、ということで、2番バーのセンター下手寄りに寄り掛かって観ることにした。チケットは早々にソールドアウトしていることもあり、フロアは超満員。開演前に振り返ってみた景色は壮観の一言。

約10分押しでスタートしたライブ、スタートするなり大歓声の渦。出囃子的に「Sexual Hungry」から入って、元晴のインタールードを挟んで久しぶりの「No Taboo」に展開しただけでもの凄い熱狂がフロアを飲み込む感じに。それでも、最初のほうは観客側にやや遠慮がちな雰囲気もあって、どうなるかなあと思ったりもしたのだが、「Suffocation」「Waltz For Goddess」と定番曲が重なっていくうちにそんな雰囲気もどこかへ行ってしまって、ハイテンションの盛り上がりは最後まで途切れることなく、高原状態のままアガりっぱなし。

このライブ、一番印象的だったのはタブゾンビの飛ばし振り!トランペットの張り詰めた高音の輝き!そして信じられないほどの強力なロングトーン!一番この日キレキレだったのは間違いなくタブさんだった。何度も酸素の缶を吸いながらの強烈な演奏に、ただ陶酔。それから、丈青のピアノソロ!最近の丈青はJ.A.Mでもそうだけど、演奏中ずっとにこにこ笑顔で、とにかく楽しそう。ショルキーを手にタブさんとステージ中央でバトルに出てきたりと思えば、いつもの定位置であるステージ後方から他のJ.A.Mメンバーとならんで目の覚めるようなピアノソロを叩きまくったり。とにかく、笑顔の演奏が、フロントに並んだ社長とホーン隊の背後から、後光のようにまぶしく輝いてたなあ。

途中のメンバー紹介を兼ねたMCで、一人ずつ挨拶をしていく中で、元晴がちょっと泣いたようにも見えた。出入りの激しいこの業界で、メンバーチェンジもなく、同じ音楽性を貫きながら10年間、人気バンドの地位を保ち続けているということだけでも素晴らしい。しかもこの個性的なメンツが、空中分解もせず、強い求心力を保っていることがほんとに驚異的。社長ももらい泣きしていた、気がする。

それから、この日のお楽しみコーナー(「参戦記念リクエスト」企画)で選ばれたのはなんと2曲(「手のひら」と「Khamasin」)。巨大な福引のガラガラ(装置名「マッキントッシュ赤坂」、通称「マック赤坂」(笑))から、リクエスト曲が書かれたメモの入ったボールが1つ出てきて、その曲を演奏する、という企画だったはずが、なんと出てきたボールは2つ!タブさんの狼狽をよそにフロアから「2曲!2曲!」コールが湧き上がり、結局2曲リクエスト曲を演ることに。この日実際に会場に来ていた、その曲をリクエストしたお客さんを2人ともステージに上げて、メンバーの演奏をステージ上で見せてあげるという粋な演出。しかも録音機能付きのトラメガに、社長と観客みんなで「This is Death Jazz!」コールを録音して、そのトラメガをさっきのお客さんにプレゼント。こういう暖かい演出、たまらないなあ。見守るお客さんの雰囲気がまたあったかい感じで素晴らしいのです。

あとソイルライブで特筆すべき点は、これだけアゲアゲの熱狂ライブなのに、ライブでモッシュとかダイブとか、その他不必要に不愉快な目にあうようなことが全くない点。それでも、対バンライブやフェスではまたちょっと趣が違うかも知れないが、少なくともワンマンライブは極めてクリーンであると断言できる。客層が大人ばかりだし、いくら熱くなっても、熱狂とクリーンネスが高い次元で両立しているのがとにかく素晴らしい。まさに大人の社交場ですね(笑)。

後半はこれまた定番曲の嵐。本編トリの「A.I.E」とか、割と久しぶりじゃなかったかな。ライブが始まる前までは、体力がない、とか、もう暴れる齢じゃないし、とかいろいろ言い訳していた僕だったが、結局、一も二もなく踊り狂わされて、汗びっしょり!「Fantastic Planet」の大合唱にももちろん加わったし、「SOIL AND PIMP!」コールも拳を突き上げて叫びまくったし。久しぶりに、全ての体力を振り絞ってのライブ参加だった。この日の前日が僕の45歳の誕生日だったので、このライブは45歳になってからの記念すべき1発目のライブ参加。正直なところ、最近は、ソイルのワンマンライブを目前にしても以前ほどのワクワク感がなくなっていたのだが、やっぱり楽しかったなあ!こういうライブを味わうと、また行きたくなっちゃうなあ!


《セットリスト》

 1. Sexual Hungry
 2. No Taboo
 3. Crush!
 4. Suffocation
 5. Waltz For Goddess
 6. First Lady
 7. Mature
 8. POP KORN

 9. 手のひら
 10. Khamasin

 11. マシロケ
 12. SAHARA
 13. Fantastic Planet
 14. SUMMER GODDESS
 15. A.I.E

 En1. PARAISO
 En2. SATSURIKU ニューウェイブ


《SOIL&”PIMP”SESSIONS》

 社長(アジテーター)
 タブゾンビ(Tp)
 元晴(A.Sax、T.Sax)
 丈青(Pf、Key)
 秋田ゴールドマン(Ba)
 みどりん(Dr)


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ライブレポ】 2014/2/14 コトリンゴ+南波志帆 @ 代官山LOOP | ライブも仕事のうち。 | 【ライブレポ】 2014/2/7 Conguero Tres Hoofers @ モーション・ブルー・ヨコハマ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。