僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
【ディスクレビュー】 失敗しない生き方 「常夜灯」
2014-02-19 Wed 22:29
vbcd68.jpg



○照れ屋さんの初期衝動



グッドメロディ!この盤を掛けた瞬間の第一印象がそれでした。トラック1「海を見に行こうよ」のざらっとしたアコギの音と、ポップなピアノのバッキングが素晴らしい。アルバム全体として、70年代後期の、シュガーベイブあたりのシティポップの空気をまとっていて、非常にセンスのいいポップソングの創り手だなあと思います。ボーカルの蛭田桃子ちゃんの不安定な歌唱も、ひとが言うほど下手ってわけじゃないですし、あくまでも個性の範疇といえるレベルです。

ただ、そんな第一印象で許してくれるほどには一筋縄でいかないのがこのバンドの曲者たる所以です。さらっといい気持ちで聴いているのに、突然崩壊を始めてしまうトラック4「私の街」、フリージャズと無彩色のポエトリーリーディングがごちゃまぜになったようなトラック5「煙たい部屋で」、そしてのっけからひたすらフリーキーに荒れ狂うタイトルトラックの「常夜灯」とか、もの凄い変な曲がアルバムのあちこちにどっかりのさばっていたりします。とにかく素直じゃない。それはなんだか、せっかく綺麗に出来上がったかなと思った瞬間、完成寸前でぐちゃぐちゃに崩してしまう、ちっちゃい子供の砂場遊びのようです。一種の照れ隠しに包まれた初期衝動なのかなあ。

公式サイトで自分たちのプロファイルをこんな風な自虐的な表現にしてしまうのも、どうしようもなく照れ隠しっぽいじゃないですか。

「適当に住環境の良い三鷹周辺でヌクヌクと生まれ育ったヌルめの若人たちが、どうしようもない暇をつぶす為だけ一時的に結成された、コンビニエント・サバーブ・ポップ・グループ:失敗しない生き方。」

たぶん、一つのスタイルや特定のフォーマットに自分たちを当てはめたくないのかもしれません。彼らには、ドラクエで言うところのパルプンテの魔法がかかっているのです。何が起こるかは分からないけど、何かが起こりそう。そんなワクワク感がこのバンドにはあります。きっとこの1枚だけでは終わらない、それだけは確信を持って言えます。次は何を見せてくれるんだろう?


レーベル:VYBE MUSIC
品番:VBCD-0068
発売日:2014年1月22日


スポンサーサイト
別窓 | ディスクレビュー | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ライブレポ】2014/2/20 「Mix Tape Vol.11」(psybava/ヤセイ・コレクティブ+Za FeeDo/TAMTAM/DAMBO/ロートス)@ 新宿MARZ | ライブも仕事のうち。 | 【ディスクレビュー】 Lamp 「ゆめ」>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。