僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
【ライブレポ】 2014/2/25 「宇宙旅行 vol.3」@ TSUTAYA O-EAST(ZAZEN BOYS/ペトロールズ/Clean Of Core)
2014-03-05 Wed 22:59
2014_0225_front_back.jpg


この日はとても忙しくて、くたくた。疲れた身体を引きずって、出先から渋谷へ直行。最後まで持つかな、と思いつつ、ぼーっとした頭で参加したライブだったが、終わってみれば、強烈な刺激に、すっかり蘇りました!

まず、オープニングアクトはClean Of Coreさん。ポストロックの基本形に忠実な、しっかりしたバンド。7拍子や16+2拍子の変拍子遣いもタイトで良かったな。O-EASTの大観衆を前に、出だしこそ緊張で固まっていた様子もあったが、演っているうちに徐々にほぐれてきて、中盤以降はおそらくこのバンドのいつもの調子はこんな感じだろう、と思えるほどにリラックスした演奏になっていた。

どの曲も曲調が似た系統で、全体にやや平らな印象があるので、リフやテンポにもう少し変化があると、メリハリが効いて、もっと面白くなると思った。演奏はすごくしっかりしているし、結構お客さんもあちこちで揺れてたね!
途中、ドラムス以外の2人ともが、ネックを持った左手でタッピングで演奏しながら、右手ではキーボードで別メロを弾くという離れ技を見せていたのが凄かった。まだまだ伸びしろのあるバンドなので、次に目にするときにはたぶんもっと大きくなっているだろう。


《Clean Of Core セットリスト》・・・公式アカウントより。

 1. 新曲
 2. Flicker
 3. Tetra
 4. Orbit


《Clean Of Core》

 武田直(Gt,key)
 加藤健太(Ba,syn)
 高野照人(Dr)



2番手はペトロールズ。もう「雨」とか「インサイダー」とかやらなくていいんじゃないの?と思えるほど、新曲群の出来映えが素晴らしい!特に3曲目の「表現」、ジャンボとボブのコーラスがとてつもなくエロい。こういう、密室感溢れる、淫靡な感じのグルーヴを出すことにかけてはもはやペトロールズの右に出るバンドはいないのではないか。これだけコーラスが決まりまくると、長岡くんのギターが大してキレッキレじゃなくてもノープロブレム。最近はMCも抑えてどんどん曲を演奏していくスタイルが定着した感があるが、対バンライブだとそのほうが締まっていていい。それにしても、他の地域でのライブではやっている「磁気」を、なぜ東京ではやらないのだろう。まあ、もはやそれすらも不要なぐらい、新曲群の出来がいいんですけどね。

僕はペトロールズのライブに行き過ぎたせいで、最近ではペトロールズの音を聴いても以前ほどみずみずしい歓びを覚えなくなってきていて、それは平たく言えば「飽きた」という言い方も出来るのだが、この日の素晴らしいライブを観て、またペトロールズの魅力が自分の中で復活した手ごたえがある。4月の対バンツアー「SIDE BY SIDE」の東京公演も、これはやっぱり行くしかないなあ。


《ペトロールズ セットリスト》

 1. Fuel
 2. 誰
 3. 表現
 4. モラル
 5. 雨
 6. Profile
 7. インサイダー

《ペトロールズ》

 長岡亮介(Gt&Vo)
 三浦淳悟(Ba,Cho)
 河村俊秀(Dr,Cho)



トリはZAZEN BOYS。初めてのZAZENライブ参加を前に、予習かたがた、ここ2か月ほどZAZENの音源を聴いたりしていたのだが、ライブの強烈さは事前の予想を大きく上回るものだった。とにかく、太くて重くて、しかも速くて超タイトなグルーヴ!ポストロックと歌モノのハイブリッド、という表現は適切ではないかもしれないが、とにかくこの4人の一糸乱れないアンサンブルは強靭そのもの!全く拍が取れない超複雑なリズムを、全メンバーが驚異的な集中力で完璧にシンクロさせていて、もう見ていてひたすらワクワクが止まらなかった。向井秀徳の下ネタ交じりのステージアクトもさすがとしか言いようがない。まさに圧巻の一言。「色んなとこ濡らしちゃってんじゃないわよ!」とか、この人以外には言えないよね(笑)。この日一緒にライブをご一緒していたフォロワーの某女史と某女史のお2人が、めっちゃくちゃにアガり倒してて、僕の後方から強烈な歓声が飛んできた。音楽用耳栓をしていなければ、4回目の音響外傷になってしまうところだった(笑)。本編の興奮も冷めやらぬうちに始まったアンコールでなんとペトロールズの長岡くんが登場した瞬間、もの凄い歓声!あんな凄い歓声を聞いたのは本当に久し振り。その長岡くんを交えての「ASOBI」の盛り上がり、素晴らしかった!完璧なライブ。
あと、途中、「COLD BEAT」の曲中で向井秀徳がメンバー全員に、映画「スカーフェイス」の冒頭シーンでのアル・パチーノの台詞の真似を無茶振りしてたのが楽しかったなあ。ドラムの松下さんの困りようが可愛かったです(笑)。


《ZAZEN BOYS セットリスト》

 1. Honnoji
 2. サイボーグのオバケ
 3. 泥沼
 4. USODARAKE
 5. はあとぶれいく
 6. 感覚的にNG
 7. COLD BEAT
 8. 破裂音の朝
 9. KIMOCHI

 En. Asobi


《ZAZEN BOYS》

 向井秀徳(Vo,Gt,Key)
 吉兼聡(Gt)
 松下敦(Dr)
 吉田一郎(Ba)



スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ライブレポ】 2014/3/1 ampel単独公演「Gentleman, It's Green.」 @ 下北沢GARAGE | ライブも仕事のうち。 | 【ライブレポ】 2014/2/24 冨田ラボ @ 恵比寿・LIQUIDROOM>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。