僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
【ライブレポ】 2015/1/7 青葉市子 「 畳の国のひとだもの 2015 新春 其の参 」 @代官山・晴れたら空に豆まいて
2015-01-12 Mon 20:21
aobaichiko500.png
→青葉市子ちゃん(画像は晴れ豆のサイトより)

僕のライブレポ、従来はやや書き過ぎるきらいがあって、必然的に挫折しやすい構造的欠陥があったので、今後、2015年以降は、基本的にあまりがっつり書かずに、雑感を記録する形にしようと思っています。約半年放置しちゃったので、今年からは、時々はちゃんと更新することを目指します。後で思い出せる程度に、というのが新しい目線です。

ということで、今年最初のライブ参加は、青葉市子ちゃんのワンマン。
「畳の国のひとだもの」と銘打たれた、晴れ豆2015年の5夜にわたる新しい帯企画。
なんと、あの晴れ豆の床が、一面畳敷きになってしまってました!
畳敷きの景色は、想像以上にしっくりきていて、びっくり。ちなみにこのレイアウトだと100名で満員になる感じです。

フロアのあちこちに置かれた木製のちゃぶ台っぽいテーブルには、みかんが載ってて、自由に食べていいし、カウンターで出すフードも、いつもと違って、お雑煮とか甘酒とか、お正月気分が満載!満員のお客さんが、あちこちで思い思いにフードを食べたりしながらくつろいだ様子で開演を待っている雰囲気は、さながら昔の芝居小屋か、はたまた公民館か・・・ このまま畳敷いたままにしたい。布団とか敷いて、お客さんが横になって肘枕しながらライブ観たりしてね。

壁にはこの企画の出演者の書き初めがでっかく貼ってあって、第一夜のbirdさん、第二夜の浜田真理子さんのそれぞれの書き初めの隣に、墨蹟も鮮やかな市子ちゃんの書き初めは「鸛」。・・・つる、じゃなくて、こうのとり、です。

この日のライブは2部構成で、第一部は深紅のベルベットの布のような衣装を被って、休憩を挟んだ第二部には七尾旅人の衣装のような真っ黒の布を被っての登場。ドリンクカウンターに向かって左隣りの桟敷席が今日のステージ。
真っ暗なフロアでただ一か所だけ明るいステージで、赤い和傘の下で、黄色いスポットライトに照らされて歌う市子ちゃんの姿は、少女のような可愛らしさと、情念の塊のような迫力とを兼ね備えた、実に印象深いものでした。

彼女の歌は、常に生と死に直面しているようなギリギリの緊張感と、どうしようもない孤独感が冷たく光を放っているところがとても文学的で、そしてまた映像的でもあり、魅力的だなと思います。ひとの本質を暴き出すように、生々しく抑揚の効いた歌声とギターの音が、ぐいぐいと肉薄してきて、何度ライブを観ても、そのたびに捕えられて動けなくなってしまうのです。ボソッと天然風なMCを挟んでお客さんの笑いを誘いつつ、次の瞬間には鋭利な刃がステージから飛んでくる、という・・・彼女にしか表現できない、独自の世界ですね。時々思うんですが、少し彼女って、琵琶法師とか浪曲師といった日本の伝統芸能のパフォーマーに通じる部分があると思いませんか?

新旧の楽曲をとりどりに織り交ぜてのセットリストでしたが、新曲2曲は彼女のダークサイドじゃないほうの表現で、とても心地よかった。特に最後の曲。BPM速めの2拍子の曲。彼女の作風とガラッと異なる明るいギターポップソングで、誰かのカバーなのか、彼女自身の新曲なのか、まだ分からない。(曲名を知りたくて、ツイッターで市子ちゃんのアカウントにリプライを飛ばして訊いたけど、返事は無かった・・・)。しかしこの曲、ぜひもう一度聴いて見たいです。
新年の初ライブ参加を彼女のライブにして良かった。


途中で、壁面の書き初めと同じ、別テイクの作品を、じゃんけんでお客さんにプレゼントする企画もあって、見事獲得した若い女性のお客さんがとても嬉しそうでした。いいなあ!
あと、入場の時に、窓口で全員に素敵なトートバッグのお土産を貰ったのが嬉しかったです。トートバッグの中には、市子ちゃん自筆の絵がついたワンカップと、ひつじ柄の藍染の手ぬぐい。そして市子ちゃん自筆の絵が描かれた、しょうゆせんべい2枚が入っていました。

ワンカップ、もったいなくて、当分飲めないなあ。


《セットリスト》

(第一部)
 1. 灰色の日
 2. 不和リン
 3. レースのむこう
 4. 腸髪のサーカス
 5. ポシェットのおうた
 6. Imperial Smoke Town
 7. Mars 2027

(第二部)
 8. 鬼ヶ島(NUUAMM)
 9. いきのこり●ぼくら
 10. 四月の支度
 11. メイプルオリーブ(新曲)
 12. 機械仕掛乃宇宙(山田庵巳)
 13. 重たい睫毛

 En.1 Full Of Fool(マヒトゥ・ザ・ピーポー)
 En.2 (新曲)


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ライブレポ】2015/1/11 モダーン今夜「モダーン今夜nano 新春ライブ! 赤レンガで今夜 〜新年あけましてひつじが一匹、モダーンで錦!!〜」@モーション・ブルー・ヨコハマ | ライブも仕事のうち。 | 2014年に僕が参加したライブ一覧>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。