僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
【ライブレポ】 2015/1/15 「LOOP SENSATION」@ 渋谷LOOP Annex ( ampel / Lucky Kilimanjaro / SHUHARIHITO / D.A.N. )
2015-01-17 Sat 22:51
強い風に冷たい雨が舞う、あいにくのお天気でしたが、今年のampel初めということで勇躍参加したこの対バンライブ、期待通りに良いライブでした。

DSCF2245-1.jpg
→SHUHARIHITO

まず1番手はSHUHARIHITOさん。自作のトラックをサンプラーで流しつつ、歌って踊るスタイルのボーカルさん。基本的にはEDMの人で、どの曲も変にベタベタせず耳馴染みがいいし、売れそうなポイントを押さえている感じ。少ーしヒップホップのフレーバーが入っているのも好きな感じだし、歌詞が小気味よく絶妙の符割りでトラックに乗っていて、聴いててとても気持ち良かったです。Macのモニターに、自作の動画とか文字が音楽とシンクロして次々に表示される、一人VJみたいなのも器用で面白かった!ちなみに音源サンプルが彼のsoundcloudに上がってますね。この日のライブでやった曲もいくつか置いてあります。



DSCF2252-1.jpg
→D.A.N.

続き。2番手はD.A.N.さん。ギタボ+ベース+ドラムスの3ピース。ちょっと硬い感じもあったけど、サイケで浮遊感のある、少しダークな音が面白かったです。MCをあまり挟まず淡々とレパートリーを演奏していくスタイル。どの曲も割と統一された色彩感を帯びていて、平たく言うと、どれも似ている感じなんだけど、最後から2曲目の曲だけは突出してグルーヴィーで、この曲が個人的に好きでした。

《D.A.N.》
 櫻木大悟(Vo&Gt、Key)
 川上輝(Ba)
 市川仁也(Dr)



DSCF2255-1.jpg
→ampel

さらに続き。3番手は僕お目当てのampel。いきなり出だしのコーラスワークが素晴らしかった。この出だしだけで、今年2015年のampelの飛躍が予感できるような、そんな気までした。続く思惑は、普段とまるっきりアレンジが違う別バージョン。アレンジ一つでガラッと表情が変わって、新鮮で素敵だった。「キメキメだよね、昔のトレンディードラマみたい」と河原くん。
浮身から後半3曲はいつもと同じアレンジだけれど、特に最後の「物足りない」はライブを重ねるごとに良さが安定してきた。

今年のampelは通年で計4回、「DRAMA」と名付けた企画シリーズライブを下北沢GARAGEで敢行予定になっていて、初回4/4(土)はSuchmosとのツーマンライブ。手売りチケットはこの日の物販から販売開始で、当然買いました。Suchmosは昨年11月に新宿MARZでZa FeeDoの対バン相手だったときに1度ライブを観ていますが、若くてセンスがあるいいバンド。それも楽しみだし、ツーマンならampelももちろん長めの尺で堪能できそうだし、何にしても楽しみ。

4回も企画ライブやれば、そのうち最低でも1回はワンマンやるでしょうし、あと、楽曲もだいぶ増えたから、フルアルバムも作ってほしかったり。いずれにしても、今年のampelはきっと色々と面白いことをやってくれると期待しています。もっと多くの人がampelを知って、そして好きになって欲しいです。

《ampel セットリスト》  …バンドのTwitterアカウントより。
 1. MODE
 2. 思惑(adult ver.)
 3. 浮身
 4. 空気に還る
 5. 物足りない

《ampel》
 河原太朗(Ba&Vo)
 竹村郁哉(ボン竹村)(Gt、Cho)
 吉岡紘希(Dr、Cho)



DSCF2256-1.jpg
→Lucky Kilimanjaro

トリはLucky Kilimanjaroさん。紅一点を含む6人の大所帯バンドで、この日は5人編成。音としては、ものすごくサカナクションっぽいシンセポップ/シンセロックで、良く聴くとところどころにサカナクションそっくりなフレーズが顔を出してくる。ただし、サカナクションのような翳りはなくて、あの音をカラッと明るいサイドに振り切ったらこんな音になるだろうな、という感じの楽しいバンド。このバンドお目当てのサラリーマンのお客さんたちが、アクトの直前にフロアにドドッと入ってきたけれど、きっと固定ファン多いんだろうなあ。

バンドロゴの「LK」の文字も鮮やかな、全部色違いのお揃いのTシャツが可愛い。それから、キーボードの女の子のおっぱいが、程よい大きさで、しかも彼女が足でリズムを取るたびに小刻みに揺れて、素敵でした。女子のTシャツって、
着る人が着ると、もの凄い破壊力を生みますね。

《Lucky Kilimanjaro セットリスト》 …バンドのTwitterアカウントより。
 1. Magical Gravity
 2. Kisscider
 3. Call Me Baby
 4. Time Goes On
 5. 新曲
 6. SuperStar

《Lucky Kilimanjaro》
 熊木幸丸(Vo、Syn)
 大瀧真央(Syn、Cho)
 山本健斗(Gt、Cho)
 山浦聖司(Ba)
 柴田昌輝(Dr)

 奥真人(Dr)


渋谷LOOP Annexですが、1点ご留意事項を。
フロア下手の壁に、グラスが置けるぐらいの幅のカウンターが作り付けになっていますが、ライブアクト中にグラスを置いてはいけません。演奏中の音の振動で、グラスが少しずつ勝手に動いて、突然グラスがフロアに落ちて、割れます。
この日、われわれのグループで、このおかげで2個グラス割っちゃいました。本当にすみません。


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【ライブレポ】 2015/1/16 MUZA Jazz Night!! Vol.7「ギター・イズ・ビューティフル スペシャル」@ ミューザ川崎シンフォニーホール (渡辺香津美 + 野呂一生 + 高田漣) | ライブも仕事のうち。 | 【ライブレポ】2015/1/11 モダーン今夜「モダーン今夜nano 新春ライブ! 赤レンガで今夜 〜新年あけましてひつじが一匹、モダーンで錦!!〜」@モーション・ブルー・ヨコハマ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。