僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011/11/10 MUTEMATH @ SHIBUYA-AX
2011-11-13 Sun 22:41
11月初旬の怒涛の飛び石4連続ライブの興奮も冷めやらないまま、この日もまたライブ。今年8月のサマソニで初めて観たミュートマスのライブアクトがめちゃくちゃ良くて、個人的には今年のサマソニ1日目のベストアクトだと言い切れるんだけど、その衝撃がずっと尾を引いていた矢先、ジャパンツアーの敢行がアナウンスされ直ちに先行予約!無事当選して、以来ずっとこの日を待ちわびていた。ただ具合の悪いことに、僕にはこの日の翌日(11/11(金))に行われる社内表彰パーティの余興に出演して少女時代の「Gee」をセンターポジションで踊る、という無理過ぎミッションが課せられていた。本来ならライブ予定を放棄してダンスの練習をすべきところだが、ライブも絶対に諦めないのが僕の往生際の悪いところ。ということで、完全に予定通りにこの週2回目となるSHIBUYA-AXへと向かった。

田園都市線渋谷駅のコインロッカーに荷物と上着を入れて、スペイン坂を抜けてAXへ急ぎ、会場へは開演予定時刻の10分前に到着。フロアに着くと既にいっぱいの人だったが、ギッチギチに詰まっているわけではなく微妙にゆとりがあった。フロアのセンターやや上手寄り、3番バーの少し後ろあたりまで進出し、なるべく視界の開けたところを見つけて確保。
ぐるっと見渡すと客層はやっぱり若い!20代から30代前半ぐらいが中心、かつ女子が多かったのが意外。ほぼ男女比半々ぐらいかな。

70年代の渋いファンクナンバーが連発するSEに気持ちを高めながらスタートを待つと、開演予定時刻の19:00を10分ほど過ぎた19:11に客電が落ちてドラムとタンバリンの音が鳴り響き、開演を待ちわびたフロアから大きな歓声が上がった。が、明るく照明の着いたステージ上には誰も上がってこない。あれ、あれ、と思っていると突如フロア後方から大歓声が沸き起こり、振り向くとなんと、1階フロア最後方の客用出入口のあたりからミュートマスのメンバー4人が、フロアの観客を掻き分けて、タンバリンと大太鼓を叩きながらずんずんフロアに入ってきた!フロアからは大歓声と手拍子の渦。そのままステージ方向へ進む途中でバーに阻まれて立ち往生(笑)。下手側のフロアサイドに迂回してようやくステージに上がると再び大歓声。「Prytania」からライブスタート。

スタート時のステージ上の配置は下手から新加入のギタリスト、トッド・ガマーマン、センターにフロントマンのポール・ミーニー(Vo、Key)、そして上手後方にロイ・ミッチェル・カルデナス(Ba)、そして上手フロントにダレン・キング(Dr)。ダレンはいつものようにオーバーヘッドの黒いヘッドホンを着けて、がっしりした体にきっちり白いシャツを着てのドラミングがめちゃくちゃカッコいい。さらに「Blood Pressure」ではダレンが曲の締めくくりにズタタタ~ってやる部分を、終わったと思ったら何度も再び繰り返して曲を終わらせない。さらに3曲目という序盤でもう来た「Spotlight」!ポールがタンバリンを振って歌い始めると、いきなり「アーアアアア」のシンガロングになるし、サビでは自然にフロアからサビメロのシンガロングが沸き起こるし、とにかくすごい盛り上がり。

3曲終わってMC。「もうニューアルバム『Odd Soul』は買ってくれたと思うけど、今日はそこに入っている新しい曲も、古い曲もいっぱいやるから、みんな一緒に歌ったり踊ったりして、自由に楽しんでってね」という感じのことを言うとフロアから大歓声。

MCに続いて、さらに「Tell Your Heart Heads Up」「Allies」「The Nerve」とさらに3曲。このセットリスト、ホントに新旧入り混じってのバランスがいい。それから、メンバーの立ち位置と担当楽器が目まぐるしく変わるのが面白い。基本的に、ポジションが固定しているのはドラムのダレンだけで、ポールは基本的にキーボードを弾きながらの歌唱だけど、フロントセンターのスタンドマイクに張り付いてボーカルに専念したり、時にはドラムセットを叩きに上手へ移動したりと忙しい。そしてギターのトッドはポールが動くとそれをカバーしてキーボードに入ったりとこれまた多忙。ベースのロイもダレンのドラムセットを時々叩きに入ったり、キーボードを弾いたり実に多彩。

この後ポールが、メンバー紹介MCに合わせて「さっきダレンのバスドラムのペダルのアームが折れちゃったんだ」とバラすと、ダレンが苦笑い(笑)。どれだけ激しく踏んでるんだ(笑)。

その直後の「Reset」、なんとイントロの時に、前回サマソニの時とまったく同様に、ダレンが脇に置いてあったペットボトルの水のキャップを外して高々と持ち上げたと思うと、そのペットボトルからフロアタムの上に水をなみなみと注ぎ込んだ!フロアからは大歓声、ダレンがフロアタムをヒットするたびに、水しぶきがバシッと垂直に立ち上がって、凄い迫力!ポールのパフォーマンスもさることながら、ロイとダレンのリズム隊、特にダレンの重くて切れ味の鋭い正確無比のドラミングはバンドの音をビシッと引き締めていて、それこそがこのバンドの最大の魅力じゃないかなと思う。そこからはほとんどMCを挟まずに本編トリまで一気の展開。特に既発曲の「Goodbye」「Control」「Noticed」は人気曲だけあって、サビメロで観客から自然と大音量のシンガロングが発生!すごいすごい、みんなちゃんと歌えるんだね!!「Noticed」ではポールがスタンドマイクをフロア上空に高く差し出していっそうのシンガロングを煽り、それに応えてさらに強力なシンガロングが起こったのも印象的。とにかくひたすら熱狂がフロアを支配し続ける状況で、僕も最初からアガりっぱなし。そして本編ラストの「Typical」のイントロが流れた瞬間、フロア全体が一気に縦方向へジャンプし始めて今日一番のクライマックスに到達!フロア後方から前方に向かって一気に観客が突っ込んで行き、フロア中がどこもかしこも激しくノリまくっていて、凄い光景!この本編ラスト、ほんとにシビれました!

アンコールではポールがMCで「日本に呼んで貰ったのはこれが6回目だけど、毎回信じられないほど素晴らしい!今日はジャパンツアーの最後をここ東京で迎えることができてとても嬉しい」と挨拶すると観客から大歓声が。さらにポールが「次の曲は最初に日本でやった曲で、サマーソニック2008の時にやったんだ。最初の時はみんな大人しかったんだけど、今日は楽しんでくれるかな?次は『Chaos』です!」と言うと、悲鳴のような歓声がフロアを覆い尽くした。さらに続く2曲目「Break the Same」ではなんとポールがキーボードの上で2回も倒立するというパフォーマンス!さすがにサマソニではこれはやってなかった。「何が起こるか分からないライブパフォーマンス」ってこのことだったのかな(笑)。そして大トリの「Quarantine」では、なんとダレンがドラムセットからフロアタムをそのまま外してステージのフロントセンターに持ってきたかと思うと、なんとそのフロアタムの足を最前付近の観客に支えさせて、その状態でそれを叩きまくるという大技!空席になったフロアタムのないドラムセットにはロイがカバーで入ってこれまたキレキレのドラミングを披露。本職と全く遜色ないドラムプレイはさすがの一言。いやあホントに凄い。最後にポールが「良いクリスマスと良い新年を!またね!」と言って、あっという間のライブは終了。

20:57終演。各曲の演奏中の細かい動きとか、もっと良く見ていたはずだったんだけど、ちょっと思い出せない。でもとにかく激しくて楽し過ぎて、思い出しただけでも興奮が蘇ってくるホントにヤバいライブだった。ダンスの練習を放り投げてまで駆けつけたが、行ってよかった。またぜひ来日を。必ずライブに行きます。


《セットリスト》

 1.  Prytania
 2.  Blood Pressure
 3.  Spotlight
 4.  Tell Your Heart Heads Up
 5.  Allies
 6.  The Nerve
 7.  Reset
 8.  Odd Soul
 9.  Armistice
 10. Walking Paranoia
 11. One More
 12. Equals
 13. Goodbye
 14. In No Time
 15. Control
 16. All Or Nothing
 17. Noticed
 18. Typical

 En1. Chaos
 En2. Break the Same
 En3. Quarantine


《MUTEMATH》

 ポール・ミーニー(Vo、Key)
 ダレン・キング(Dr)
 ロイ・ミッチェル・カルデナス(Ba、Dr)
 トッド・ガマーマン(Gt、Key)


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2011/11/21 Orquesta Nudge! Nudge! @六本木SuperDeluxe | ライブも仕事のうち。 | 2011/11/7 クラムボン/toe/mouse on the keys/agraph @Shibuya O-EAST>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。