僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011/12/13 SPECIAL OTHERS/ストレイテナー @Zepp Tokyo
2011-12-14 Wed 02:32
久しぶりのスペアザライブ。Zepp Tokyoで開場18:00は絶対に開場時刻に間に合わない。ということで、かねてからの計画通りこの日は午後半日休暇を取って、13:00にはオフィスを出た。さすがに時間が早すぎてこのままお台場に行っても持て余してしまうので、ふと思いついて、いま「ゴヤ展」をやっている上野の国立西洋美術館へ向かった。上野の森の冬晴れの空は澄み切って晴れ渡り、きらきらとした陽射しが気持ちいい。黄色に染まったイチョウと青空のコントラストがとてもきれい。

この展覧会には「着衣のマハ」をはじめとするプラド美術館の貴重な収蔵品が多数やってきていてとても見応えがあった。僕はゴヤといえば「裸のマハ」と「着衣のマハ」ぐらいしか正直知らなかったのだが、この人はすごい。とにかく人を描く人で、風景画や静物画はほとんどない。徹底的に人を描き尽くし、描かれた人の内面や本性を冷徹に暴き出していて、ちょっと怖くなった。初期の頃の、庶民の日常生活を切り取った写実的かつユーモアにあふれた絵も魅力的だが、今日初めて見た、毒気を含んだ後期の作品群にとにかく強烈な印象を受けた。エッチングで刷られたカリカチュアの数々は王族・貴族・聖職者といった人々の腐敗に対する、また戦争や様々な社会悪に対する強烈な批判精神が溢れていて、小品にも関わらずどれも凄い迫力。見終わるとあまりの迫力にちょっと疲れてしまって、頭痛と吐き気を催してきた。というわけで、16:00に美術館を後にして、上野駅の喫茶店で胃薬と頭痛薬を飲んで少し落ち着いた後、サンドイッチを食べてから新橋へ。そこからゆりかもめに乗って青海に。Zepp Tokyoには17:00過ぎに到着。先行販売グッズの物販ブースもちらっと見てみたが、キーホルダーは売り切れていたのでそのまま引き返して、いったんコインロッカーを確保してから、すぐ近くのファーストキッチンで開場時刻の18:00まで時間を潰した。

18:00に再びZepp Tokyoへ。コインロッカーに上着と荷物を入れて呼び込みを待った。僕の整理番号はアルファベットなしの11番でかなりの後順位。Aチケットは1500番ぐらいまでは出ていた模様で、その客を入れ終わって、2階指定席の客を入れ終わってから、ようやくの入場。ただここからがZeppマジックで、建物に入ってから右に回り込んでそのまま通路を突き当たりまで進んでからフロアに入ると1番バーの前の最前ゾーンに出ることを知っていた僕はその通りの経路でフロア入り。なんと上手側の最前5列目を確保。

観客は圧倒的に女性が多く、しかもみんな若い!おかげで僕の前には背の高い客が皆無で視界は極めて良好。この日のライブはストレイテナーとの対バンで、ステージ上は先攻のストレイテナー用に機材がセッティングされている。フロントの下手端にベースアンプ、センターには下手側に向けてキーボードが置かれていて、上手にはスタンドマイク、そして後方には下手側にドラムセット、上手側にはギターアンプが2つ並んでいるという配置。ふと振り返ると1階フロアは後方までぎっしりの満員で壮観。飲んだ頭痛薬が効いてきて、久しぶりのスペアザライブを楽しめそうな気がしてきた。

開演予定時刻を少し過ぎた19:05に客電が落ち、まずストレイテナーのメンバーがステージに登場。下手から日向秀和(Ba)、ナカヤマシンペイ(Dr)、ホリエアツシ(Gt、Key、Vo)、大山純(Gt)という配置で、まず1曲目はホリエがキーボードに座ってスタート。

僕はストレイテナーは全く聴いたことがなく、この日のライブが初聴だったが、ちょっと聴いただけでこれは自分には差さらないなあとすぐ分かった。ホリエのボーカルは細くて芯がない上に歌詞は全然聞き取れないし、しかも楽曲はリフだけで出来たような曲ばかりでメロディ軽視にも程がある。2曲目でホリエがキーボードを離れてフロント下手のマイクスタンドに移動しギターを持ってツインギターに。僕は最初の3曲目ぐらいを聴いた段階ですでに退屈してしまい苦痛を感じてきたが、なんと前方の観客はストレイテナー目当ての人が多いらしくみんな腕を振り上げてアガりまくっている!しかも、えっこんな曲で?というような曲で縦ノリがスタートしたりして、とにかく自分自身の感じ方と周りの客のアガり具合との間にギャップあり過ぎ。自分だけかなあこれ?と思って演奏中に後方を振り返ると、案の定中盤から後ろは全然盛り上がっていなかった。

ファンの人には申し訳ないが、僕には正直このバンドがそこそこ売れている意味が分からない。インディーズの無名バンドでもストレイテナーよりいいバンド、いっぱいあるよ・・・。途中のMCでホリエが「これはやりがいあるなあ」と言っていたが、こうしたアウェイのステージでも客をある程度アゲられるかどうかがバンドの力量であって、そういった意味ではまだまだなのでは。でも他のライブは良いのかも知れないし、あるいは2日前にツアーが終わったばっかりのライブアクトだったから今ひとつ冴えなかったのかも知れないし、はたまたCD音源は素晴らしいのかも知れないし、これはこの日のライブアクトしか見ていない僕が決めつけるのも結論が早すぎるのかも。また何かの機会にライブを観てみてどう評価が変わるか確認してみたい。

最後の曲は芹澤くんのリクエストした曲だということだったが、メロディもあって、割と好きな感じだった。僕の最初にいた位置がホリエのスタンドマイクの真ん前だったこともあり後方からちらほら客が突っ込んでくるので、途中でそこを離れて、空いていた空間を見つけセンターバー隣の最前5列目へ移動。

19:56にストレイテナーのアクトが終わり、ステージ転換へ。一通りストレイテナーの機材をハケさせた後、ステージ前に幕が引かれて幕の向こうでスペアザの機材セットが始まった。20:18に再び幕が開きステージ上にスペアザの機材が現れ、客席から拍手と歓声が起こった。配置はいつもと全く同じで、下手フロントに芹澤くんのローズとレスリースピーカー、上手フロントに宮原くんのドラムセット、そしてセンター後方に柳下くんのギターアンプと又吉くんのサイレントベース、という配置。

さらに5分後の20:23にスペアザのメンバーがステージに登場。宮原くんがドラムを叩き始め、1曲目は「Mellotron」から。明らかに全体の盛り上がり方も違う。ステージ後方から白い照明が客席に向かって飛び、逆光に浮かび上がるメンバーのシルエットがカッコいい!そして2曲目の「Night Paradise」が始まると後方からすこし圧縮がかかり、周囲の客が縦に揺れ始める。どの客も思い思いに腕を上げたり自由に揺れている。久しぶりのスペアザの音が僕の身体に沁みわたる。そのまま「Good Morning」「CP」と気持ちよく揺れられる曲が続いたが、5曲目の「Wait For The Sun」が スタートした瞬間モッシュスイッチがONに!さらに続けて「AIMS」が来て、客席から手拍子が巻き起こると同時に、最前ゾーンは完全にモッシュピットになった。周囲から客がガンガン飛んできて、僕も靴を踏まれながら久しぶりに全力でモッシュに参加!あっという間に汗びっしょりになった、楽しかった!

「AIMS」が終わったあとのMCで宮原くんと芹澤くんが、「ストレイテナーは音楽的に複雑で難解なことをやっている。テレビのチャート番組に出てるのだけが音楽じゃない」的なことを言い絶賛。僕の感じ方とまた違うなあ、と妙な感慨が。「今日がコラボツアーの最終日、来年からは普通のSPECIAL OTHERSに戻ります」と宮原くんがMCで言ったあと本編ラストの「BEN」へ。途中の柳下くんの長いギターソロが強烈!そこから柳下くんのギターと芹澤くんのローズソロの掛け合いに展開してフロアから大歓声!さらにステージが暗転して宮原君にピンスポットが当たり長い長いドラムソロに展開、これがまた肩の力の抜けた粋な感じで素晴らしかった。

アンコールでは入りのMCで宮原君が「コラボツアーの最終日、コラボをやらないわけがないでしょ!」と言った途端フロアから大歓声!「オオキくんはレコーディング中でどうしても来られません」と芹澤君が言って、ホリエだけが呼び込まれてステージに登場。そのまま「あの国まで」をホリエボーカルで歌い出すが、「誰かハモってよ」とホリエが止めてしまう。宮原君が「みんなが呼べばオオキくん来てくれるかも」と言った途端、舞台袖からオオキノブオ(ACIDMAN)が登場して大歓声。この小芝居、名古屋公演ではホリエとオオキを逆にして全く同じことをやったらしいです(笑)。で、再び「あの国まで」がスタートすると観客が一斉に腕を上げて凄い眺め。個人的にはこの曲、ちょっとありきたりな感じであまりいいと思わないんだけど同調圧力に負けて一応腕を上げておいた(笑)。

ホリエとオオキがハケた後、「今日は最終日なのでもう一つコラボを」と宮原君。おおっ、誰なんだろうと思ったら「Sailin’」のイントロが出てKjがステージに登場!この瞬間、大トリにしてこの日一番のクライマックスがやって来た! 観客が最前ゾーンに向かって殺到しすごい圧縮。音に乗ってみんな飛び跳ねたり揺れたり拳を上げたりすごい盛り上がり、フロアの温度も湿度も一気に上がってまさに沸騰状態!Kjは小柄だったけどカッコ良かった。最後はスペアザメンバーに加えてこの日の出演者全員がステージ上に呼び込まれて、手をつないでステージの縁に立ってみんなでお辞儀をして大団円。いやあ楽しかった。

終演21:51。久しぶりのモッシュありライブ。よせばいいのにモッシュに全力で参加したりして、楽しかったけど疲れた(笑)。ストレイテナーを楽しめなかったのは残念だし、しかもスペアザのセットが短かった感が強いけど、僕にとっては2月以来のスペアザライブ、久々にこの音に満たされて幸せでした。来年はコラボなしイヤーだそうなので、また長いセットでスペアザのワンマンをやるだろうし、そのときにはまたぜひ参加したいなあ。


《ストレイテナー セットリスト》・・・こうだったそうです。

1. Toneless Twilight
2. DISCOGRAPHY
3. VANISH
4. Man-like Creatures
5. KILLER TUNE
6. VANDALISM
7. KINGMAKER
8. CRY
9. SIX DAY WONDER
10. YOU and I
11. TRAVELING GARGOYLE


《SPECIAL OTHERS セットリスト》

1. Mellotron
2. Night Paradise
3. Good Morning
4. CP
5. Wait For The Sun
6. AIMS
7. BEN

En1. あの国まで(w/オオキノブオ(ACIDMAN),ホリエアツシ(ストレイテナー)
En2. Sailin' (w/Kj (Dragon Ash))


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<2011/12/14 ROVO @代官山UNIT | ライブも仕事のうち。 | 2011/12/7 東京事変 @東京国際フォーラムホールA(追加公演Day2)>>
コメント
あなたがテナーを嫌って聴かないのは構わない。けど貶す権利はない。
2012-02-11 Sat 23:40| URL | #- [内容変更]
コメントありがとうございます。貶す権利はない?所詮音楽なんて好みで聴くものですから、当然個人の好き嫌いを言う権利ぐらいありますよ。別に中傷しているわけじゃありませんから。
2012-02-12 Sun 04:11| URL | やち(Yachi40) #- [内容変更]
痛い日記ですね。いい年して。
別にストレイテナーのファンじゃないけど・・・
散々音楽通気取りしてるあなた。
どんな音楽聴いてるんだろと気になった。
あなたが好きなアーティストを見て苦笑いです。
2012-04-28 Sat 02:51| URL | TOTO #7jLG4znE [内容変更]
コメントありがとうございます。
音楽通気取りとは意外なご指摘でしたが、ストレイテナーが自分に差さらないって言ってるだけじゃない。・・・まあ、言われたい放題ですけど、苦笑いでもなんでも、ご自由に(笑)。
2012-04-28 Sat 08:43| URL | やち(Yachi40) #- [内容変更]
はじめまして。

私も浅いですがすぺあざ好きです。
AIMSではまりました。

擁護するつもりじゃないですが、、
自分的には素直な感想と実際を交えてれぽされててわかりやすいなーと思ったのでなんで非難されているのかわかんないです。
ストレイテナーは個人的にも前聞いたときぴんとこなかったもんでちょっと共感したのもあります。
まあ好みと、おっしゃっているようにどういう目線で聞いているかですよね。。

通りすがりで長々と失礼しましたm(_ _)m
2012-08-06 Mon 23:42| URL | ka #USldnCAg [内容変更]
コメントありがとうございます
ありがとうございます。そうなんですよ。
音の好みは一人一人違うわけで、同じ音を聴いても、好きな人もいれば嫌いな人もいて当たり前。
そうした好みについて自分のブログで自由に書いているだけだから、気に入らなければスルーしてくれればいいんですけどね。
そんなところにもわざわざ中傷コメントを残したくなるのが、ファンのメンタリティというものなのでしょう。
2012-08-07 Tue 00:04| URL | やち(Yachi40) #- [内容変更]
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。