僕の行ったライブのレポをひたすら上げて行きます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011/5/1 コトリンゴ@横浜・象の鼻テラス
2011-05-02 Mon 00:23

このフリーライブ、コトリちゃんのツイートで急遽開催を知った。奥さんに話して、午前中に母の日用のプレゼントを買い終えていったん15:00過ぎに帰宅し、16時ちょっと前に再度家を出た。車で行けば10分ほどなので、車で行っても良かったが、駐車料金がバカにならないので、バスと電車を乗り継いで行くことに。それでも16:30過ぎには象の鼻テラスに到着。近所のライブはさすがに行きやすい。

前回、奥さんとnaomi&goroのライブにここに来たときは、フロアの中央部分に、正面入口側を向くようにステージエリアが作ってあったが、今日は海側一面のガラスウィンドウを背に、彫刻の象のおしりのそばをステージエリアにしている。会場の関係かピアノはさすがに普通のものではなくエレピが置いてある。ステージの両端には小さ目のスピーカー。

到着したときにはステージの最前部分のテーブルはもちろんのこと、全体的にも早くも人で埋まり始めていた。たまたま、上手側最前のテーブルが1つ空いていたので確保して、コーヒーを片手に本を読みながら開演まで時間を潰した。途中で女性二人組が相席になったが、そのまま本を読み続けた。ちなみに読んでいたのはシンコーミュージックから出ているディスクガイドシリーズの「ジャズ・ピアノ」という本。古今のピアノジャズの名盤を集めたガイドで、せいぜいオスカー・ピーターソンとビル・エヴァンスしか聴いてこなかった僕には非常に面白い。未知の名盤だらけで当分興味がつきないな。

開演時刻の少し前になって、読んでいた本からふと目を上げて振り返ってみると、いつの間にか結構いっぱい人が入っていてびっくり。150人以上は軽く入っている感じ。
開演予定時刻の17:30を少し過ぎ、正面入り口のそばに設けられた楽屋からコトリちゃんが登場。今日のコトリちゃんはブルーの小花模様が可愛いノースリーブのミニのワンピースに黒いレギンス、黒のストラップヒール。胸元につけたピンクと白のコサージュも可愛い。

コトリちゃん、キーボードベンチに座るなり左足だけヒールを脱いで裸足に。黒いペディキュアが素敵。足元にはシールドをつないだ木製の足パーカッションが置いてあって、これを踏むために左足を脱いだようす。

1曲目はなんと「me & my bird prince」。ライブで聴いたことがあったかなかったか思い出せないほど、最近はやっていない気がする。弾むようにスウィンギーでとても楽しく、ときどきコトリちゃんがにこっとしながら楽しそうに弾いていたのがとても可愛いかった。僕の位置からはコトリちゃんのキータッチを完璧に観ることができたが、柔らかく力強く鍵盤を左右に走り回る指使いが凄すぎて、目が釘付け。ため息が出るほど素晴らしい。続けて「渚」。これは「picnic album1」リリース後のライブではほぼ必ず演奏される曲で、コトリちゃんもよっぽど気に入っているんだろう。

2曲やった後、コトリちゃんが「別にコトリンゴを見に来たわけじゃない人もいると思うんですが、こんなに来てくれた、という気持ちに浸らせてください」と感慨深げに話していたのが微笑ましかった。

そのあと、「Axia~かなしいことり~」に続けてやったのはなんと「雨の日」!この曲はライブでやったのを僕はまだ聴いたことがなく、すごく嬉しかった。外は霧雨模様の曇天で、窓からは大桟橋と、その手前の港を時折行きかう船が見えるだけ。そこから遠くの方はグレーに掻き消えて、却ってどこまでも遠くへ続いていくよう。こんな雨の日にすごく合うこの選曲、とてもいいなあ。さらに続けて「こんにちは またあした」。冒頭の入りの部分で、まるで入りに合わせるように船の汽笛が高く鳴り響いた。海のそばのライブは、実に横浜らしい、偶然の演出が効果的で、とても素敵。

直後のMCでは、コトリチーム全員が「象の鼻ソフト」にノックアウトされた話が。あの可愛さにはだれでもノックアウトされちゃうな。ちなみに、この4月からは新メニュー「象の鼻パンケーキ」が仲間入りしていて、これも悶絶級の可愛さ(写真参照)。

コトリちゃんは九州ツアーで鹿児島、熊本、湯布院、福岡と回り、そのさなかに一度神戸にも戻り、さらにツアーが終わると青山CAYでリトルクリーチャーズのイベントライブ、と大忙しの先週・先々週だったそうで、また明後日(5/3)には六本木ヒルズアリーナでイベントライブがあるそう。フィッシュマンズ@野音の直前の時間帯、都合が合えば行ってみようかな。

このMCのときに「自分ではうまく出来てるのにお客さんと全然通じ合わなかったり、お客さんが凄く少なくてもいいライブが出来るときがあったり。毎回自分の満足いくようなライブが出来るわけじゃないし、出来たと思っても反応が薄かったりして、本当にライブって面白いなあと思います」というようなことをコトリちゃんが言っていたのが興味深かった。ライブがうまく出来ないなあというのが自分の悩みだったとも。やっぱり、ライブは演者と観客が熱い対話を通じて一緒に創っていくもので、別の言い方をすれば、そのアーティストの魅力を100%堪能しようとすれば、素晴らしいライブアクトに対して観客としてもきちんと反応してフィードバックを返してあげることが当たり前ながら非常に重要なんだなあと思った。

MCの後はRedioheadのカバーで「Let Down」、曲の後半では足パーカッションでバスドラのような音を効果的に使いながら。さらに「恋とマシンガン」はノリまくりでピアノが前後にぐらぐら揺れるほどの熱演で、とにかく楽し過ぎ!途中で乗り過ぎたコトリちゃんの左足がうっかり足パーカッションを踏んじゃって「ドン!」という音が出てしまい、コトリちゃんが「ああ~っ!」と言ったのがまた可愛いかった。さらに続けて「Downtown」。原曲は70’s感満載のミディアムテンポな楽曲だけに、コトリちゃんらしい大胆な5/4拍子の高速変拍子アレンジは聴いていてとても楽しい。

ここまでで8曲、フリーライブの曲数としてはもうそろそろ終盤とも思えたが、まだまだライブは続く。「今日はたくさん曲を持ってきてます」とのことで、そのあとにさらに「くまのがっこう」のサントラから「ねずみくんとかえるくん~くまのがっこう」のメドレー、さらにさらに同じサントラから「falalafala」。コトリちゃんが、「聴いて頂きながら、手拍子で参加していただきながら、踊りたい人は踊ってもらいながら」とか最初に言ったせいもあり、冒頭からハンドクラップが沸き起こる。そして「falalafala」の部分では早くも例の「難しい手拍子」も発生!コトリちゃんから「気が早いですね~まだですよ!」とたしなめられる始末で(笑)。でもコトリちゃんのライブに何度も来ている観客が多い様子で、曲の終わりの部分のハンドクラップもバシッと止まって素晴らしい!こんなにきれいにハンドクラップが止まったのは、これが初めてじゃないかな(笑)。

そのあとの「tiey tiey tea」ではいつものコトリ先生の指導による合唱があったが、先刻の拍手のノリの良さとは打って変わって、声出しはみなさんシャイな感じ。練習での観客の声出しに対するコトリ先生の採点は「うーん、60点!」ということでした(笑)。

本編ラストは「おいでよ」。この曲、片思いの歌なんだね。歌詞世界についてのコトリちゃんの解説が興味深かった。この曲のひんやりとした爽やかな感じがとても好み。

いったんコトリちゃんがハケて、アンコールの拍手に応えて再登場。今後のスケジュール告知として5/20に青山のスパイラルレコーズでのライブのアナウンス。震災当日に予定されていたフリーライブの振替公演だそう。2NDセットには三鷹のお菓子屋さん「ことり焼菓子店」さんの焼菓子セットとお茶の試飲があるそう。行ける気がしないけど行ってみたいなあ。
アンコールは「Hallelujah」。エレピの上に置かれた譜面が鍵盤にかぶさってきていてとても邪魔そうに見えたが、それをものともせず、譜面を指で押しのけつつ情感をたっぷりこめての演奏。とても素晴らしかった。

終演18:45。最後楽屋へ去っていく去り際のコトリちゃんの笑顔がとても素敵でした。フリーライブなのにアンコールを含めて全13曲、気が付くとほとんど2時間近いライブ。もうほとんど普通のワンマンライブと大差ない。これだけたっぷりやってもらって無料なんて気前が良すぎるよ(笑)。

終演後にはCD購入者対象のサイン会があったが参加せず、傘を持ってこなかった僕は霧雨をついて日本大通り駅までダッシュ。最近何かというとダッシュしてるな(笑)。



《セットリスト》

 1. me & my bird prince
 2. 渚
 3. Axia~かなしいことり~
 4. 雨の日
 5. こんにちは またあした
 6. Let Down
 7. 恋とマシンガン
 8. Downtown
 9. ねずみくんとかえるくん~くまのがっこう
 10. falalafala
 11. tiey tiey tea
 12. おいでよ
 
 En. Hallelujah


スポンサーサイト
別窓 | ライブレポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2011/5/3 TOKYO M.A.P.S@六本木ヒルズアリーナ | ライブも仕事のうち。 | 2011/4/27 Signals/ペトロールズ@代官山・晴れたら空に豆まいて>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。